photo by gettyimages
# 政治

河野太郎「総裁選圧勝」のハズが、ここにきて急ブレーキ…その「致命的な理由」

一回目の投票が正念場になる

河野票、ジリ貧の現状

先週金曜日(9月17日)、自民党の総裁選挙の告示があり、前日に滑り込みで立候補を表明した野田聖子・自民党幹事長代行も含めて、河野太郎・規制改革担当大臣兼ワクチン接種推進担当大臣、岸田文雄・前政調会長、高市早苗・前総務大臣の4人が選挙戦を闘っている。

告示直後から最初の週末の動きを見る限り、自民党というコップの中の争いとあって、党本部で開かれた4候補による所見発表や日本記者クラブ主催の討論会、テレビの討論番組のどれをみても、ウイズ・コロナ戦略へのコロナ対策切り替えや4項目を掲げる自民党の憲法改正案の支持、皇位の男系男子による継承の維持など、主要論点を巡る各候補者の主張は大同小異だ。

photo by gettyimages
 

個別の政策を聞かれても予め用意してきた回答をそつなく話すだけで、候補者同士が突っ込んで具体策を競うのは一部のアジェンダに限られ、候補者同士が論戦を繰り広げて違いが鮮明になる分野は多くない。インタビューする側の突っ込み不足が加わり、もどかしい限りだ。

だが、筆者が取材する限り、4候補の乱立となったことが原因で、河野氏に当初見込まれたほどの勢いがなくなったとの見方が強まっている。

河野氏は依然として、一般国民に比較的近い投票行動をするとされる党員・党友票で大きなリードを保っているものの、そのリードは竹下亘元復興担当大臣の急逝で国会議員票382票、党員・党友382票の合計764票を争うことに変わった1回目の投票で、いきなり過半数を獲得して当選を決めるほどのリードではなくなりつつあるというのだ。

背景には、党員・党友票の上積みを狙って告示直前に石破氏と組んだことが河野潰しを招いている側面や、討論会など直接対決の場で、大きなリードを持つと見られる河野氏を3人の候補者が集中的に攻め、河野票の切り崩しに出ていることがある。このままジリ貧になるのか、逆に支持票を固め直したうえで挽回できるのか、河野氏の動向が総裁選のカギを握っている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/