日米の「差」は縮められる photo/iStock
# 宇宙

「モノづくり大国」日本、じつは「世界で勝てる」のに負けてしまう「本当のワケ」

宇宙産業に見る「現実」と「課題」

日本とアメリカの「宇宙予算」がここまで違うワケ

私は元々理系の学生、東京大学で宇宙工学を専攻していました。研究室も希望の航法・誘導制御系に配属され、民間初の小型衛星開発/打ち上げも経験することができました。

その後、宇宙科学研究所(現JAXA)でロケットやソーラーセイル/群衛星、また深宇宙探査機(はやぶさ等)、様々な研究テーマに触れながら、刺激的な日々を送っていました。エンジニアリング、研究者、それぞれの観点で良い環境に居たと今でも感じています。

 ISAS(現JAXA)で研究していた photo/gettyimages
 

その頃、感じたことが今も私の活動の原点の一つであり、それは以降のキャリアにおいてもブレることはありませんでした。宇宙関係者にとっては自明のことですが、日本と米国では予算規模が圧倒的に違いました。国家としての規模が違うから当然でもあるのですが、ざっくり3,000億円の日本の予算に対してアメリカは4兆円と大きな開きがありました。

それ以降、日本の宇宙予算は漸減、民間企業の統合・撤退などを受け宇宙産業全体の規模は減少を続けています。一方で、アメリカはアポロ計画が終了し、冷戦が終わりを迎えても、着実に予算と産業規模を拡大させ続けてきました。

この違いは、国家として宇宙開発に積極的に取り組んでいるという姿勢もさることながら、軍需予算の影響もあります。すなわち、軍事力を維持する観点でも宇宙開発に関わる技術開発を続けることは極めて重要だということです。実際に、宇宙開発から様々なテクノロジーが開発され、軍事転用が図られています。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/