2021.09.21

消えた「1000万と結婚」…37歳OLが青ざめた、年下彼氏と10人の女たちの“まさか”の関係

平井 仁美 プロフィール

本当の「彼女」は…

調査の結果、麻里子さんが「怪しい客」として目星をつけていたAは「康介さんの彼女」だった。

Aが康介さんの自宅に来たあとはそのまま宿泊し、翌朝にはふたりで寝間着姿のまま犬の散歩をする場面もあった。他の女性客との間にはプライベートらしき面会は確認できなかった。おそらく彼女たちは康介さんの完全な「客」だったのだろう。

そして当の康介さんは界隈では有名な人気出張ホストだった。

もう何年も店に在籍しており、「裏引き」(店を通さず客から直接お金をもらうこと)でかなり稼いでいるという噂があり、康介さんは自分の「新規固定客探し」のために婚活アプリを利用していたのではないかと思われた。

またSNSをさかのぼる限り、康介さんがAと出会ったのは麻里子さんと出会うよりもずっと昔のことで、康介さんは「忙しい」と麻里子さんに言って会えない日にも、Aとの逢瀬は欠かさなかった。

「麻里子さんとAのどちらが本命の彼女であるか」はほとんど明らかなものだった。

 

消えた1000万と結婚

今まで麻里子さんが康介さんに渡してきた金額は1000万に迫っていた。

結婚を前提に献身的に康介さんを支えてきた麻里子さん。そんな中で発覚した嘘と裏切りで、今となっては康介さんの借金自体も、本当にあるものなのか怪しかった。

事実、康介さんが借金を作ったという「副業」についても、麻里子さんは簡単に「ネット関係」と聞かされているだけで、その実情を全く把握していない状態だった。

この調査の内容を細かく伝えてなお、麻里子さんは「その女が私より深い関係にあるはずがない。康介さんは本当にお金に困っていただけだと思う」と、事実を受け入れられていない様子だった。

質素な麻里子さんとは対照的に、「本命彼女」のAはブランド物で身を固め、お金の苦労はないように見えた。

photo by iStock

状況によっては裁判に持ち込むこともできるということを話しても、麻里子さんは「康介さん相手に裁判なんて考えられない」と言うだけだった。そして、そのまま麻里子さんは「ひとりで考えたい」と帰ってしまった。

そして数か月後、彼女は再び私たちの元を訪れる。

関連記事

おすすめの記事