Photo by iStock
# メルカリ

メルカリで実際にあった「ざんねんな梱包」の数々…どう送れば正解だったのか?

過剰な梱包も逆にNGと言えるワケ

個人がネット上で取引を行うメルカリでは、購入した商品は郵送されてきます。ということは、商品梱包が絶対条件になってくるのですが、その梱包に問題があるケースも見受けられます。

実際に筆者自身もメルカリで取引をすることが多いのですが、中にはびっくりするような梱包の仕方で送られてくる商品も。そこで今回は実際にメルカリであった残念な梱包を紹介しつつ、どうすれば購入者が満足するような梱包になるのかを解説していきます。

梱包のポイント

■相手への気遣い

まずは梱包するときのポイントを軽くおさらいしておきましょう。梱包する最大の目的は、商品にダメージを与えずに購入した人に届けることです。

例えば雨が降ったときに濡れないようにしたり、壊れやすいものは衝撃を受けないようにする。衝撃を受けたとしても破損などのダメージを受けないようにすることが目的になってきます。

そこにあるのは「届いたときに相手がどう思うのか」という気遣いです。せっかく買った商品が壊れていたり濡れていたら、購入した人が嫌な気分になりますし、クレームの対象になります。逆に考えると、梱包に気を遣うということは、出品者自身を守ることにもつながってくるのです。

■できるだけ小さく軽く

メルカリで梱包するときのポイントは、できるだけ小さくコンパクトにすることです。出品者が送料を負担することが多いので、荷物が大きくなってしまうとその分送料が高くなるからです。そうすると売上金が減ってしまうので無駄な空間をできるだけ使わないように梱包することが大切になってきます。

 

メルカリであった残念な梱包

ここからはメルカリで起きている残念な梱包を紹介していきます。

■紙袋1枚で送ってきた

以前洋服を買ったときに、紙袋の中にそのまま洋服が入っていたことがありました。

(イメージ写真です)

その時は雨が降っていなかったので良かったのですが、もし雨が降っていたらおそらく濡れていたでしょう。このような梱包の仕方には非常に雑さを感じてしまい、本当にがっかりしました。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/