Photo by iStock

日経平均「3万円」の今こそ仕込みたい、大注目の「日本株」10銘柄の全実名

9月にオススメ「株主優待」も紹介

9月14日、日経平均株価(225種)は前日比222円73銭高の3万0670円に達し、1990年8月1日以来、実に31年ぶりの高値をつけた。そして東京証券取引所第一部の時価総額は過去最大となった。

これは新型コロナ禍で、ワクチン接種率が上昇し、感染者数が減少に転じたことが大きい。第5波の収束が見えてきて経済の正常化が視野に入ったことによる。菅総理の自民党総裁選不出馬をうけて新政権が打ち出す経済対策にも期待が寄せられている。
また世界的にみて日本株は出遅れており、そこに目をつけた外国人からの買いも入ったもよう。

ただし高値警戒感が出てきてもおかしくない状況だ。とくに海外市場の動向には要注意。逆にいえば、海外にツレ安したときは、長期的には買い場となるのだが……。そんな相場の状況を踏まえつつ、今月のオススメ銘柄10選を紹介していきたい。

 

8月から手堅く好調な銘柄

足元の好調さを受けて、筆者が8月に推奨した銘柄もおおむね好調だ。これはたまたまではあるが、配信した日を底に上昇に転じた銘柄も多い。

いずれの銘柄も中長期保有を前提に推奨したものだが、想定以上のスピードで上昇している。たとえばソフトバンク(9434)は1500円が重い上値となっており、このラインを突破するのはもっと先と読んでいたが、あっさりと突き破り、1600円台をつけてしまった。

ソフトバンクの創業者である孫正義氏[Photo by gettyimages]

業績に不安がない銘柄ばかりを選んでいたので、先高観はあるものの、上昇ピッチの早い銘柄に関してはいったん利益確定し、その後もし大きく調整することがあれば、そこで買いなおすといった戦法も有効だろう。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/