イラスト:端野 洋子

【3秒計算クイズ】実社会で使う中学数学 計算の初歩技術とコツを確かめよう!

数学つまずきやすい計算のポイント

買い物や売り上げの計算、税金の金額や確定申告……。日常生活で、計算ってよく使いますよね。しかし中学数学は、日常や実社会で使う計算の技術の宝庫になっています。

ブルーバックス・ウェブサイトで大好評だった連載「数学サバイブ物語」(現在公開終了)。その主人公、数学大苦手の中学生女子まおちゃんと、覆面家庭教師・実はアイドル(?)のツバサ先生の成長物語でしたが、今回はその二人にも協力してもらい、計算の初歩技術とコツの確認のため「3秒計算クイズ」大会を開催します!

計算のコツが身についていれば、ピッタリ3秒でできる問題ですので、ぜひ挑戦してみてください。

3秒で答えられる?

ツバサ「では、さっそくはじめましょう! 制限時間3秒、用意はいい?」

まお「え!? たったの3秒……!」

第1問 以下の計算を3秒で答えてください。

7×3−21÷(−7)÷3=?

1秒、2秒3秒! OKでしょうか?

解答は、以下のようになります。

7×3−21÷(−7)÷3

=21-21×(−1/7)×1/3

=21+1=22

みなさんは、3秒でできましたか?

実は、3秒でできる、ちょっとしたコツがあるんです。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/