Photo by iStock
# ライフ

「図々しすぎるママ友」の子を幼稚園に迎えに行く…36歳女性の深刻な苦悩

完全に「味をしめた」ようだ…

かつては、祖父母世代と、親、子世代が近所に住む家族、あるいは同じ家の中で暮らす2世帯家族も珍しくはなかった。しかし、現代では核家族化も進み、進学や就職で新たな住まいを見つけ、そこで親を頼らず、育児を始める夫婦も増えている。

身近に頼れる人がおらず、夫は仕事で忙しいために妻一人で育児を行うことを「ワンオペ育児」と呼ぶが、もはや都市部では当たり前のこととして定着しているといえる。

今回は、関東に親類がいないため、子どもの預け先に困っているというママ友から、「子どもを少し預かって欲しい」と頼まれて悩んでいるという岡村沙織さん(仮名・36歳)の例を紹介する。

 

3年間、付き合わないといけない

沙織さんは、5歳になる娘を幼稚園の年長クラスに通わせている。

Photo by iStock

「うちの幼稚園は、1学年70人ほどで、2クラスに分けられていました。満3歳で入園した時のクラスで、そのまま卒園まで持ち上がります。そのため、同じクラスになったママ友との付き合いが長いものとなるので、気をつかっていました」

沙織さんの娘が通っていた幼稚園には通園バスがないため、保護者が自転車や徒歩で送迎をしていた。娘には同じ幼稚園に通っている仲が良い女の子の友達がいる。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/