JR山手線[Photo by gettyimages]
# JR東日本

JR東日本「主要な通勤路線」の混雑率ランキング…もっとも混雑した路線は?

いずれにせよ、JR東日本は減収必至…

コロナの影響で、全路線で混雑が緩和

7月9日、国土交通省は2020年の鉄道の混雑率を発表した。数字は各鉄道事業者が報告したもので、昨年秋の平日を調査日として実地に調査した実数である。

首都圏では、例年JRの主要線区の混雑率が高く、ほかには地下鉄東西線や東急田園都市線が上位に入ってくる形だ。

国土交通省は、混雑率の目標値として150%を設定しているが、東京の場合は多くの路線が定員の倍近くの旅客を乗せていたので、中間的目標として180%を設定している。

2020年のJR東日本の主要通勤路線では、新型コロナの感染拡大により、調査日の輸送人員は前年より大幅に減少した。主要線区の中で下げ幅が最も大きいのが東海道線川崎→品川間で52.9%、下げ幅が小さいのが京浜東北線川口→赤羽間で68.2%である。その結果、通勤時間の減便をしなかったJR東日本では、混雑率が大幅に低下した。

それでは、昨年の調査において最も混雑したJR東日本の首都圏主要路線はどれであろうか? ここからは、調査結果にて混雑率が低かった順に、車両数や混雑時の運転間隔などにも触れながら各路線を紹介していこう。

 

山手線でも混雑が大幅に緩和

第10位【中央線緩行】代々木→千駄ヶ谷間:60%

第10位:中央線緩行[ウィキメディア・コモンズ]

中央線の上り各駅停車である。首都系の主要路線としては珍しく、新型コロナ前から混雑率99%と定員輸送を実現していた。

中央線の三鷹から中野間が複々線化した際に、快速は杉並区の西荻窪、高円寺、阿佐ヶ谷駅を通過する計画であったが、沿線からの強い要望で停車を認めた。その結果、並走する各駅停車の利用が低迷してしまった。平成以降の混雑率は120%程度で続いていたが、ここ数年旅客が減少して混雑率も低下していた。

第9位【常磐線快速】松戸→北千住間:91%

第9位:常磐線快速[ウィキメディア・コモンズ]

常磐線では、綾瀬~取手間が複々線化して、各駅停車は地下鉄千代田線に直通し、上野~取手間では快速電車を運転している。そのほか、水戸・土浦方面から来る中距離電車は、いまでは快速とほぼ同一本数が設定されており、快速の輸送力・混雑率には中距離電車の分も含まれる。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/