Photo by iStock

9月16日 ハイビジョンの日

サイエンス365days

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

今日、9月16日は「ハイビジョンの日」です。これはハイビジョンのアスペクト比が9:16であることに由来しています。

また、この日とは別に、NHKが開発したハイビジョンの走査線数の規格が1125本であることに由来して、11月25日も同じく「ハイビジョンの日」とされています。

もともと「ハイビジョン」という言葉は 「HDTV(high definition television)」という言葉の略で、 NHKが開発した放送規格のことを指していました。そのため、世界的には「ハイビジョン」という言葉はあまり使われず、専ら正式名称の「HDTV」という言葉が用いられます。

このハイビジョン放送が試験的に始まったのは1898年のことで、当初は放送局がNHKのみで、1日に5時間しか放送されていませんでした。それでも、当時のカラーテレビの形状と比べるとわかるように、人の視野に合わせたアスペクト比9:16のハイビジョンは画面も大きく見え、進歩的な印象を与えました。

この時の放送方式は現在でいうところの「アナログハイビジョン」というものでした。

その後、2000年になると民放も含めて衛星放送でハイビジョン放送が正式に始まることとなります。

2003年になると前述のアナログハイビジョンから一転して放送データを0と1のデジタル信号に変換して送り出す「デジタルハイビジョン」の放送が開始されます。

東京スカイツリー、実は「地上デジタル放送」を送信する役割も担っている photo by iStock

知っての通り、このデジタルハイビジョンは瞬く間に広まり、2011年の7月にはアナログ放送からの完全移行が果たされるのですが、この理由として大きいのが「電波の有効利用」です。

実は、通信に使用できる周波数というのは限られた一部なのですが、特にアナログハイビジョン放送は近い周波数で放送されたもの同士が混線しやすいため、周波数を変えるための中継局を大量に作っていました。そして、その結果たくさんの周波数が使用されました。

奇しくも当時は携帯電話が爆発的な普及を見せ始めた時期であり、使用可能な電波を増やすためにこのような移行がなされたというわけです。

そして、現在ではこれらのハイビジョンを超えた解像度の4K/8K放送が始まりつつあります。

photo by iStock

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/