動物園のパンダと今は亡きお婿さん、2匹のやさしいエピソードをご存知ですか?

水曜日のお嬢様(44)
二木 繁美 プロフィール

本日のお嬢様

取材日は晴れで、抜けるような青空。最高気温は31度と真夏日でした。パンダ館の開館時間、11時過ぎの気温は27度。開館を待つ人たちは、みんな日傘を差していました。

11時30分頃、寝台の上で何かを待っているようなタンタン。そろそろお腹がすいたのでしょうか。寝台を下りて、入り口付近で「まだかな」と、圧をかけはじめます。

巨大なおにぎりが、お出迎え
まちぼうけ

のうち、壁にもたれて座ったタンタン。得意のお腹ポンポンでリズムをとっていました。お客さんからは「置物みたい!」と声があがります。

まるで、大きなぬいぐるみのようです
「ごはんください」の圧も忘れません

11時40分頃、いったん寝室内へ。再登場後は体重計へまっしぐら。台の上には、ブドウ、ニンジン、パンダ団子が置いてあります。タンタンは、大好きなブドウからパクリ。

「待ってました!」とばかりに再登場
真剣です
 

その後、ニンジンをくわえて後ろ向きに。耳をピクピク動かしながら、おいしそうにニンジンを食べています。お次はニンジン二刀流。食欲旺盛なようで安心しました、お嬢様。

今日は、後ろ向きの気分
ニンジンは、2本まとめてパクリ

さいごにパンダ団子をいただきます。じっと見つめていましたが、まだ薬入りだと疑っているのでしょうか。

パンダ団子を見ています「薬は入っていないでしょうね?」

11時50分頃には、竹を食べ始めました。まずはヤダケ(矢竹)。このヤダケ、弓道の矢の素材として使われる竹だそうで。なるほど、まっすぐで丈夫そうな竹です。

「さぁ、竹をいただきましょう」
ヤダケ(矢竹)を選びました

ちょうど様子を見に来ていた梅元さん。「思ったより食べています。ただ、竹を選んでいる感じはありますね」とのこと。あまり竹を気にいっていないので、今日はニンジンやブドウをちょっと多めにしたのだそうです。よかったですね、お嬢様。

その後は、壁ぎわに転がっておやすみになりました。

ダイナミックにゴロン!
おやすみなさい、よい夢を

さて、来る9月16日は、タンタン26歳のお誕生日。今年は2人の飼育員さんと園の関係者だけで、そっとお祝いするそうです。「去年が大々的すぎたので、基本的には、僕と吉田さんと2人で用意しようと話しています」と、梅元さん。

2020年25歳の誕生日。パティシエの力作ケーキを華麗にスルー

神戸で迎える最後の誕生日になるはずだった昨年は、にぎやかすぎてタンタンがすねてしまうという、まさかの事態に。

寝台に上り、10分ほどこの状態。やっと動き出したタンタンに、吉田さんは「空気を読んでくれてありがとう」とコメント

このような時期で、タンタンも闘病中と、素直に誕生日を喜べる状態ではありませんが、今年も神戸でお嬢様の誕生日をお祝いできて、やっぱりみんなうれしいのです。

神戸にお嬢様がいてくれるしあわせ

NEXT:次回は9月22日(水)にお届け予定です!

<動物園の基本情報>
神戸市立王子動物園
〒657-0838 兵庫県神戸市灘区王子町3-1
TEL : 078-861-5624(代表)
公式ホームページ:http://www.kobe-ojizoo.jp
公式Twitter(@kobeojizoo):https://twitter.com/kobeojizoo
※土日祝のジャイアントパンダの観覧は、公式ホームページから事前申し込みが必要(平日は自由)

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/