# ドラマ

『ハコヅメ』が、これまでの警察ドラマと「決定的に違っている」点

「新しいリアリティ」が視聴者を魅了
倉田 雅弘 プロフィール

他にも丸一日の交番勤務の直後にメンタルヘルス研修に強制的に参加させられたり、調書に書く女性用下着の名称をパンティにするべきかショーツにするべきかを真剣に討議するなど、意表を突くシーンが多い。ブラック企業顔負けの労働条件で、市民と上司からの理不尽な要望に翻弄されていく警察官を描いたこのドラマに、人はなぜ魅了されるのだろうか。

これまでの日本の警察・刑事もののテレビドラマを振り返ることで、『ハコヅメ』の特徴を明らかにしていこう。

川合の指導員となった先輩警察官・藤聖子役の戸田恵梨香[Photo by gettyimages]
 

当初の主役は「犯人」だった

日本初の警察・刑事もののテレビドラマは、1957年に放送を開始した『ダイヤル110番』だと言われている。敗戦からの復興を果たし、高度経済長期を間近に控えて日本の社会構造自体が大きく変わっていくなか、『ダイヤル110番』は、警視庁・警察庁などの協力を得て実際の事件を基に構成されていた。

固定の主人公を置かず犯人や犯罪そのものに主眼を置き、犯罪の手口の解説なども交えたその展開は、セミ・ドキュメンタリーや実録ドラマに近かったという。

そして1961年には、現在の警察・刑事ものの源流ともいえる2つのテレビドラマがスタートする。初動捜査を担当する機動捜査隊の、事件発生から解決に至るまでの捜査活動に主眼を置いた『特別機動捜査隊』と、警視庁捜査一課の個性豊かな7人の刑事が事件に取り組む『七人の刑事』だ。

捜査のプロセスと捜査員のキャラクターという要素を踏まえた両作は人気を呼び、70年代後半まで新作が制作されるロングシリーズとなった。しかし、この時点では警察・刑事ものの主役は、あくまで事件もしくはその犯人であり、警察官や刑事は物語を展開するための狂言回しといった色合いが強かったように思う。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/