(3)一部共通財布パターン

3つ目が、夫婦での「共通財布」を作り、夫と妻が自分の給与から、毎月それぞれ一定額を共通財布に入れて、そこからすべての生活費の支払いや貯蓄を行う「一部共通財布」パターンです。

この方法だと、新たな支出やまとまった支出が必要になったときには、共通の貯蓄から支出すればよいので、どっちが出すかといった話し合いが不要になります。加えて一定額を共通財布に入れた残りはそれぞれ自由に使えるので、お小遣い制のような不自由さもありません。そういう意味で、パターン1、パターン2のデメリットをうまく補えているのがこの「一部共通財布」パターンと言えるでしょう。

-AD-

なにはともあれ「連携」が大切!

とはいえ、長い人生、お互いの収入や必要な支出は、時間とともに大きく変化します。夫婦共にバリバリ働き、収入にも大きな差がないという時期もあれば、出産や育児などで妻の収入が一時的に減る時期もあったり、仕事を辞めて資格取得のための勉強に専念するという時期もあったりするかもしれません。ですから、一度決めたからといってずっと同じパターンでなければならないということはありません。ライフステージやその時々の状況に応じて臨機応変に見直すことが大切です。

そのためにも大切なのが、夫婦で「連携」をする、つまりお金の話をしっかりするということです。収入や貯蓄額については、相手に共有したい、共有したくないといった価値観も人それぞれですが、どんなライフプランを実現したいか、それにはいくらぐらいかかりそうか、そこに向けた貯蓄はできているか、といった「将来の夢」は夫婦である以上、共有しておきたいところ。お互いがストレスなく、将来の夢を共有しながらそこに必要な貯蓄ができる仕組み作りを目指して、夫婦でしっかり話し合ってみましょう。

人生の“やりたい”を“できる”に変える『お金の教養スクール』
https://www.fpwoman.co.jp/school.html