(2)完全別財布パターン

Photo by iStock
-AD-

2つ目は、それぞれがどの支出を負担するかをあらかじめ決めてやりくりする「完全別財布」パターンです。共働きが当たり前になっている今の時代、このパターンを採用している夫婦の割合はどんどん増えているように思います。

夫は家賃と光熱費を受け持ち、妻は食料品や日用雑貨を払うというように、支出項目ごとにどちらが担当するのかを決め、残った金額がお互いのお小遣いになります。この方法だと、夫も妻も決まった支出以外は自由にお金を使えるのでストレスが少ないのがメリット。また、収入が増えると使えるお小遣いの自由度も増すので、そこが仕事へのモチベーションにつながったりもするようです。

しかし、このパターンにもデメリットがあります。

そのひとつが、お互いに貯蓄をしているだろう、と期待していて、何かの機会にフタを開けてみたらほとんどできていなかった、という事態に陥りがちであるということ。両方ともに貯蓄ができていないと、マイホームの頭金がない、不測の事態でまとまった支出が必要なのに捻出できないといったことになってしまいますし、どちらか一方だけが貯蓄ができていたとしたら、それはそれで夫婦関係の不和を生みかねません。

もうひとつが、新たな支出項目が誕生する都度、どちらが担当するかを考えなければならない、ということです。結婚すると、出産、子どもの教育、マイホーム購入などいわゆる「ライフイベント」が押し寄せてくる可能性が高くなります。年月が経てば、親の介護の問題なども出てくるかもしれません。そういった場合に、その都度「どっちが出す?」「いくらなら出せる?」と話し合う必要が出てくるのがこのパターンです。