2021.09.22
# Instagram

インスタグラムはなぜツイッターやYouTubeより「炎上」しないのか?そのカラクリ

大槻 祐依 プロフィール

「画像」は投稿ハードルが高く、炎上リスクが低い

(2)画像コミュニケーション

次にInstagramが炎上しにくい理由として、主に画像をベースとしたコミュニケーションであることが挙げられます。

Twitterはテキストコミュニケーションであるため、投稿自体のハードルは低くなります。一方Instagramは画像をベースとしたプラットフォームであり、画像ありきの投稿がメインになっています。

そのため、画像ベースで炎上する要素としていえば、被写体そのものがアウトな場合か、企業アカウントであればステマ投稿やサクラインフルエンサー、コスメ系アカウントであれば薬機法違反のものなど、ビジネスにおけるルール違反の投稿をしているかの、数パターンに絞られてきます。

画像ベースであるInstagramで発生しうる炎上は、その多くが後者のビジネス文脈におけるものだといっても過言ではありません。

 
(3)クローズドな環境

また、炎上しにくい特徴の一つとして、Instagramがクローズドな空間であることがあげられます。

Instagramのコミュニケーションは1対n、つまり不特定多数のコミュニケーションというよりも、対フォロワーという閉じられた空間で行われています。

Instagramのユーザーが現在メインに使っている「ストーリー」は、自分をフォローしている人のタイムラインにしか表記されません。つまり、自分のアカウントを好意的に思っているファンや親しい友人しか、ストーリーを閲覧しないのです。そこでの情報の発信はかなり親密・クローズドなものになっているため、「炎上」という批判的なコメント自体つきにくくなっていると言えます。

関連記事

おすすめの記事