戸田恵梨香さんが刑事課の元エース・藤聖子を、永野芽郁さんがその藤部長とペアになる新米警察官・川合麻依を演じ、初回から視聴率11%を超えた大ヒットドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ 水曜夜10時~)。

主人公は町山交番に配属された川合麻依。公務員試験を片っ端からうけたら警察だけ合格して入ったという消極的新人警察官だ。その指導官となるのが刑事課の元エース・藤聖子部長。黙っていると誰もが振り向く美女にして、同僚刑事から「マウンテンメスゴリラ」と恐れられている超有能警察官だ。『ハコヅメ』は新人警察官・川合の成長物語にして、リアルなのに爆笑のお仕事物語でもある。

(c)NTV

戸田さんと永野さんのみならず、伊賀崎所長を演じるムロツヨシさん、藤部長の同期の源を演じる三浦翔平さん、源とペアを組む山田を演じる山田裕貴さん、刑事部の牧高を演じる西野七瀬さん等々、すべてのキャストは「2017年からの連載なのに、ドラマ化を見越して、原作者の泰三子さんがあて書きしたのでは?」と思うほど。マンガとドラマとがシンクロし、「今シーズンのNo.1ドラマ」「映画化希望!」「ハコヅメがあったから元気に仕事ができたのに、終わっちゃうなんて…」とラブコールが止まらない。

このドラマは、なぜこれほどまでに愛されるのか。元警察官であり、原作者の泰三子さんに、原作者からみた「ドラマのすごさ」をたっぷり語っていただいた。

-AD-

予想をはるかに超える面白さ

――ドラマの評判がすごいですね。泰さんはご覧になってどんな感想をお持ちですか。

ドラマ放映中の今はまだ、「感謝」と「安堵」の気持ちが強いです。それ以外の「面白い!」「可愛い!」「泣ける!」は、もう少し落ち着いてから、ゆっくり噛みしめたいと思います。ただ、ドラマを見ていて感じたのは、作品のメッセージを届けたいという「信念」と、視聴者に笑って欲しい、楽しんで欲しいという「誠意」を持って、制作者の皆様が力を合わせてくださったなという事でした。「ハコヅメ」は普通のドラマと違って、殺人等の大きな事件は起こりませんし、地味な日常業務の連続なので、制作にあたっては様々なチャレンジとご苦労が絶えなかったと思いますが、「信念」と「誠意」を終始貫いてくださった制作者の皆様に、心から感謝しております。

――ドラマの『ハコヅメ』第1話が放送されたのは7月7日(水)。この1話で6巻50話の「笑ってはいけないお誕生日会」のエピソードが盛り込まれ、原作を知らない人たちの爆笑をさらいながら、マンガ読者からは「あの通常点検をあそこまで見事に再現しつつ最高におもしろくするとはすごいドラマだ」と評判になりました。泰さんの感想をぜひお聞かせください。

あの話は、本部長(県警で一番えらい人)への申告という、ものすごく真面目な緊張する場面で、次々と警察官がドジを踏んでしまった、現実での出来事が元ネタです。漫画と相性が良さそうなエピソードだったので、当時珍しく連載誌の『モーニング』でカラーページをいただいた時に、勝負回でぶつけたネタでした。

(c)泰三子『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』6巻50話より/講談社

ただ、漫画だと「心の声」の技法を使う事で、何が起こっていて、登場人物が何を考えているのかという情報を伝えやすいのですが、実写で実際に起こっていることだけを展開してしまうと、全然面白くならないと思うんです。警察官の地味な失敗の連鎖が続くだけなので、1話冒頭でこのシーンがくると知った時は、正直不安で仕方なかったです。

ただ、脚本を見てみると、脚本家の根本先生が原作をうまく演者さんに『あて書き』されていると感じました。脚本では演者さんと演じるキャラを踏まえた上で、セリフ回しをされているので、「実写でも違和感ない仕上がりになるんじゃないだろうか……」と少し安心しました。

でも、仕上がった映像を見てみたら、予想をはるかに超える面白さだったので、私自身も笑ってしまいました。カメラワークや、間の取り方や音響等の効果も、面白さを何倍にも増長させていましたし、あと、やはり演者さんたちが本当に最高でした。あの粗末な失敗の連鎖を、一流の演者さん達が大真面目にされているのが、面白くて仕方なかったです。

(c)NTV
(c)NTV

ドラマでの他のコメディ部分についても、出来上がりを見てみると脚本や原作にないセリフやリアクションが結構あるのですが、「このキャラはこういう事言うし、こういう事やらかす」というのが絶対に守られているのは本当にすごいと思います。ただ原作どおりにするより、キャラの描かれていない言動をその場面に応じて演じるというのは、すごく難しい技術だと思いますし、そちらの方が原作キャラへの敬意を感じて嬉しくなりました。あと、コメディに対する演者さんの姿勢に、なんか鬼気迫るというか、「力ずくで面白くする」という気合が感じられて、役者さんって本当にすごいなと感動しました。