〔PHOTO〕Gettyimages

中国の急激な膨張を支える《天下主義》という強烈なイデオロギーの正体

中華圏の「新たな政治思想」

香港、ウイグルといった周辺地域を飲み込み、急激な膨張を遂げている中国。そうした動きの背後には、いくつかのイデオロギーが隠されているという。『ハロー、ユーラシア 21世紀「中華」圏の政治思想』(講談社)を上梓した、文芸評論家で立教大学准教授の福嶋亮大氏がその実態を解説する。

 

強権をむきだしにする中国

未来予測は常に難しいが、中国とその周辺はその最たるものである。2010年代以降、香港の自治は急速に失われ、ついに2020年の国家安全法の施行に到ったが、このような急変を予想できた学者やジャーナリストはいるだろうか。返還から50年の節目である「2047年」に香港の自治が守られるかどうかは、以前からしきりに問題になっていたが、事態はそれほどのんびりとは進まなかったのである。

イギリス統治時代の最後の香港総督であったクリス・パッテンは、近年のインタビューで「雪は解け始めると、あっという間に解けてしまうものなのです」と述べているが、これは言い得て妙である。パンデミックの渦中にあった2020年の世界は、中国の強権的な地肌をむきだしにする急激な「雪解け」を、事実上なすすべもなく見守っていただけなのだ。

それにしても多くの日本人からすると、中国が香港やウイグル等の周辺地域に対してなぜこれほど厳しい圧政で臨むのか、首をかしげたくもなるだろう。中国論は世に数多いが、この素朴な「なぜ」に答えるのは実は容易ではない。「体制の脆弱さを隠すためにコワモテに振る舞っているのだ」というくらいでは、説明として不十分だし、権威主義体制だからといって必ず圧政を実行するわけでもない。

あえて理由づけをするならば、スロヴェニアの哲学者スラヴォイ・ジジェクの見解が参考になるだろう。ジジェクによれば、共産主義国家の大きな謎は「見かけの偽造」に取り憑かれていたことにある。今の北朝鮮はもとより、かつてのスターリン主義の時代にも、すべてがうまくいっているという「見かけ」が何としても維持されねばならなかった。それは中身のない「礼儀」のようなものだが、その空虚さこそが体制の残忍さを生み出したのである(『ジジェク、革命を語る』)。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/