「日本の若者は選挙、政治に関心ない」は本当か

18歳選挙権での初めての国政選挙となった2016年参議院議員選挙における投票率は、全体平均が54.7%でした。年代別で見ると、10歳代(18-19歳) 46.78%、20歳代35.6%、30歳代44.24%、40歳代52.64%、50歳代63.25%、60歳代70.07%、70歳代以上60.98%です。また、前回(2017年)の総選挙における投票率は、全体平均が53.68%で、年代別で見ると、10歳代(18-19歳) 40.49%、20歳代33.85%、30歳代44.75%、40歳代53.52%、50歳代63.32%、60歳代72.04%、70歳代以上60.94%となりました(総務省HPより)。 

日本の投票率は海外との比較でもかなり低いが、20代、30代は中でも低い投票率となっている Photo by Getty Images
-AD-

総務省が平成28年に実施した「18歳選挙権に関する意識調査 報告書」において、「投票に行かなかったのは、なぜですか」という問いに対して、次のような結果になっています。

1)「今住んでいる市区町村で投票することができなかったから:21.7%」(注:大学進学等で引っ越したものの、住民票を異動しなかったこと等が背景にある)

2)「選挙にあまり関心がなかったから:19.4%」

3)「投票所に行くのが面倒だったから:16.1%」

4)「どの政党や候補者に投票すべきか分からなかったから:11.9%」

5)「自分のように政治のことがよくわからないものは投票しない方がよいと思ったから:10.7%」

6)「私一人が投票してもしなくても世の中は変わらないと思ったから:9.7%」

7)「選挙によって政治はよくならないと思ったから:7.9%」

投票に行かない理由は様々ですが、投票先や選び方の知識が無いので分からない4、無責任な投票はしない方が良いと考える5、そもそも選挙に関心が無かったり意義を見出していない2と6、といった声は、わたし自身も直接大学生からもよく聴きます。

しかし、こうした状況を生み出した背景は、どこにあるのしょうでか。
そこには、単に「若者が悪い」と言えない現状が見えてきます。