ドラマで見る、結婚、仕事、友情。

80年代後半から現代まで、時代を彩る名作ドラマをプレイバック。エポックメイキングなドラマには、時代を象徴する女性像、社会現象を巻き起こした物語がある。

『抱きしめたい!』1988年

浅野温子、浅野ゆう子の主演2人は「ダブル浅野」と呼ばれ人気を博し、ファッションやヘアスタイルを真似する女性が続出するなど社会現象を巻き起こした。バブル経済期のキラキラした側面が注目されがちだが、独身キャリア女性と専業主婦という対照的な2人の女性の友情が物語の芯を貫く。また「子どもを産むこと」も裏テーマとして描かれている。/フジテレビ系

『OUT~妻たちの犯罪~』1999年

桐野夏生の小説『OUT』を原作とするテレビドラマ。弁当工場で深夜にパートとして働く主婦たちは、家庭崩壊、DV、介護問題など、「女」であるがゆえの痛みや辛さを抱えてそれぞれの人生を生きている。そのうちの1人が、ギャンブル狂いで暴力を繰り返す夫を偶発的に殺してしまったことから、主婦たちが凶悪犯罪に巻き込まれていく。/フジテレビ系

『問題のあるレストラン』2015年

数多くのヒット作を手がける坂元裕二のオリジナル脚本。「女」であることによって社会から不条理で不当な扱いを受けた女たちが、レストランを舞台に男たちに闘いを挑む。離婚調停中でシングルマザーのスーシェフ、女装が好きなゲイのパティシエ、対人恐怖症のシェフ、ホール係は恋愛依存症と、東大出身の頭でっかち。個性豊かなキャラクターが揃う。/フジテレビ系

-AD-

『獣になれない私たち』2018年

社会現象にもなった『逃げるは恥だが役に立つ』で主演を務めた新垣結衣と、脚本を手がけた野木亜紀子が再びタッグを組んだ作品。新垣演じる主人公を取り巻くパワハラ、セクハラという社会問題に加え、自身の不遇な家庭環境、そして一人の男を挟んだ元恋人と現恋人という女同士の関係に男の母親も加わり、不思議な連帯が描かれたオリジナル脚本。/日本テレビ系

『MIU404』2020年

綾野剛と星野源が演じる対照的な気質の2人の刑事が主人公。日本における社会問題を背景にさまざまな事情を抱える犯人や被害者と向き合う姿を描いた野木亜紀子のオリジナル脚本。麻生久美子演じる機動捜査隊長にも注目。女性幹部として部下を率い、仕事で女性が上に立つ苦労も描きながら、結婚して子どもがいるという生活の面もきちんと描かれていた。/TBS系

『大豆田とわ子と三人の元夫』2021年

松たか子演じる大豆田とわ子と、彼女に未練タラタラな別れた3人の元夫たちとの奇妙な日常を描いた坂元裕二のオリジナル脚本ドラマ。社長として苦境に立たされながらも仕事に励むとわ子の日常、高校生になる娘や自由気ままな独身生活を送る30年来の親友かごめとの時間、新たな恋の予感などが淡々と描かれる新感覚の大人のラブストーリー。/フジテレビ系


●情報は、FRaU2021年8月号発売時点のものです。
Illustration:Nari(Little Funny Face)、Goro Nagashima Text:Chisa Nishinoiri Edit:Saki Miyahara

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。