「日経平均3万円」相場のウラで「プロが“買って売って”しっかり儲ける銘柄40」の全実名

大川 智宏 プロフィール

脆弱な「上昇相場」

総じて考えれば、今まで好調の極みにあった米国株に悪材料が頻発してきたことで、そもそも評価が低くこれ以上悪化しようのない日本株へ一時的に資金が逃避してきた可能性は否定できない。

リスクの上に成り立つ脆弱な上昇相場といえるだろう。

脆弱な株高 photo/gettyimages
 

さて、この状況を踏まえて、現実の投資場面ではどのように立ち回るのが正解だろうか。

無論、このまま上昇相場の継続に賭けて順張りを続けるのもよし、市場の騰落の機微を察知して仕込むもよし、である。しかし、前述のように現在の日本株の相場環境は上昇の根拠に乏しく、背景も非常に不安定だ。

常時マーケットと対峙してポジションを動かしている投資専業のプロのような投資家であっても、正確な対応は難しいだろう。不確定要素の強いイベントや経済見通しに賭けるよりも、市場の動きに左右されにくく、かつ安定的な上昇が見込めるポートフォリオを構築する方が、安全かつ現実的ではないだろうか。

日本株投資でそのような都合のいい投資手法が存在するのかと問われれば、数は少ないが存在しないこともない、という回答になる。そして、そのうちのひとつが、「IQミックス」という投資モデル(注:筆者がそう呼称しているだけ)だ。

投資に不慣れな方にとってはやや複雑に感じる内容かもしれないが、概念自体はシンプルなので、漠然としたイメージを持っていただくだけでも有用性は高いだろう。

関連記事

おすすめの記事