『笑ってはいけない』『ロンドンハーツ』大幅リニューアルか…? 業界が騒然となった「事件」

BPOのメスが入る可能性

各局のバラエティー班が騒然となる「事件」が8月24日に起きた。BPO(放送倫理・番組向上機構)の青少年委員会が、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」について審議対象とすることを明らかにしたのだ。

「出演者に痛がるような行為を仕掛け、それをギャグとして皆で笑うような番組はなくなってしまう恐れがあるんです。BPOは、スポンサーに対して大きな影響力を持っており、かなりの圧力となります」(スポーツ紙記者)

現時点でBPOは「個別の番組を対象とするものではない」としている。だが、槍玉に上がる可能性のある番組は数多い。

Photo by iStock
 

「痛みといっても種類は様々です。超激辛な食べ物を食べさせたり、落とし穴に落としたりと、バラエティー番組で長く使われてきた演出が問題視されるかもしれません。

年末特番の『笑ってはいけない』シリーズ(日テレ系)や『ロンドンハーツ』(テレ朝系)といった人気番組は大幅なリニューアルを迫られる可能性もあります」(同)

この事態に焦るのは番組制作会社のスタッフだ。

「演出を見直して視聴率が落ちたら、やはりスポンサーが離れる。番組が打ち切られたらスタッフは仕事を失います」(民放キー局関係者)

今月から本格的な審議が行われる予定だが、くだらない番組が減るという効果もあるだろうか。

『週刊現代』2021年9月11・18日号より

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/