堀江貴文「年収を上げたいなら、郊外よりも“オフィス近くの安い物件”に住め」

お金、時間、人間関係、仕事、遊び……。一度きりの人生、やりたいことを自由にやるべきなのに、気づけば「我慢の奴隷」になっている私たち。そこから脱出するためのヒントを教えてくれるのは、ホリエモンこと堀江貴文氏の最新刊『破戒のススメ』だ。「郊外のマンションより、オフィス近くの安アパートに住め」と語る堀江氏。その納得のワケを語ってくれた。

睡眠時間をムダと思った奴が負ける

メルマガやSNSで多忙な毎日の様子を発信していると、「堀江さんはいつ寝てるんですか?」と、聞かれることがある。どうやら一部の人には、僕は夜も寝ないで行動しまくっていると思われているらしい。いやいや、普通に夜ぐっすり寝ているよ、と答える。

どんなに多忙でも、1日7時間は睡眠時間を確保している。朝早い用事が入っていても、5~6時間は眠るように時間をつくる。一般のビジネスマンより睡眠時間は少し長いと思うが、起きている時間はすべてフル活用できるのだから問題ない。

Photo by iStock
 

睡眠時間を軽視してはいけない。睡眠不足は自律神経を乱し、うつ病や心筋梗塞など、いくつもの病気を誘発する。病気予防は、睡眠時間の確保が第一だ。

最適化した1日の時間は、仕事や遊びだけでなく睡眠にも配分してほしい。楽しいことを100%楽しみつくすには、「寝てなくてだるい」状態であってはならないはずだ。眠たい頭では、パフォーマンスの何割かは確実に落ちる。

僕が睡眠時間を大事にするのは、言うまでもなく、ビジネスや遊びのレベルを最高の状態にキープするためだ。睡眠中、人は浅い睡眠と深い睡眠を1、2時間のサイクルで繰り返しているという。

深い眠り(ノンレム睡眠)の間に、脳内では昼間の短期記憶が整理され、浅い眠り(レム睡眠)のときに、長期記憶への調整が行われる。つまり、起きているときの体験を再現・活用するには、睡眠中の記憶固定化が不可欠なのだ。

関連記事

おすすめの記事