Photo by Gettyimages
# ビジネススキル

堀江貴文「価値ゼロのムダな時間を過ごしている人に共通する“根拠なき思い込み”」

お金、時間、人間関係、仕事、遊び……。一度きりの人生、やりたいことを自由にやるべきなのに、気づけば「我慢の奴隷」になっている私たち。そこから脱出するためのヒントを教えてくれるのは、ホリエモンこと堀江貴文氏の最新刊『破戒のススメ』だ。「時間をムダにするな」「やりたいことはいますぐやれ」という堀江氏。限られた人生を有効に使う、彼ならではの時間術を語ってくれた。

「価値ゼロのムダ」を排除せよ

以前は、インタビューで「堀江さんが最も大切にしているものは何ですか?」と聞かれるのがお約束だった。僕はこの「最も」とか「一番」という質問がすごく嫌いなのだが、ひとまず置いておく。

Photo by iStock

一応は「大切なのは時間です」と答える。しかし内心、「時間以外、何があるの?」と聞き返したい気持ちだ。時間とは、人にとって最も貴重な「資源」だからだ。

僕は毎日、時間を1秒でも最適化するために、デジタルツールを使いこなし、スキルを持った有能な人たちの助けを得ている。ムダをそぎ落とした、やりたいことをやりつくす人生は、多くの人とツールの助けで成り立っているのだ。

最新刊『破戒のススメ』ではムダの効用を説いているので、矛盾している考え方と思われるかもしれないが、誤解してはいけない! ムダには、「価値ゼロのムダ」と、「価値アリのムダ」がある。

言うまでもなく、生産性の見こめない時間の浪費は、価値ゼロのムダだ。

行動のスピードを妨げる、ぜい肉のような時間には、一つもコストをかけてはいけない。さっさと切り捨てるべきだ。

 

僕はプログラマー出身で、お金の管理能力もある。ビジネスマンとしての総合力は、人よりも高い方だろう。もしかしたら、一人である程度はこなせるかもしれない。しかし、それで生じるタイムロスを避けたいのだ。他人に任せられる仕事は、他人の手を借りまくる。人に渡した分だけ、別の新しいことに時間を注ぎたいのだ。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/