「PTAを退会する」と告げた37歳母親に、PTA役員が返した「衝撃のひと言」

それ、ルール違反じゃ…?
長島 ともこ プロフィール

これをふまえ、

・保護者にPTA活動についての意識調査を行い、その結果をもとにどの活動をどのように変えていくのかについて検討する。

・ 周辺の学校のPTAの運営方法や活動内容について情報交換し、改善につながるような事例があればくわしくリサーチする。

・ SNSでPTA関連のコミュニティなどから各校の活動方法を情報収集し、必要に応じて課題解決のアドバイスをもらう。

などの方法も、現状改善の糸口につながると思います。

 

役員や委員が1年ごとに入れ替わることが多いPTA活動は、知識の集積が難しい部分もあります。

・ 去年そうだったから今年も同じ方法でやる。

・ 変えたいけど、変えるのは大変そうだから無理。

など “思考停止”に陥ってしまいがちですが、“前例踏襲”に流されず、あえて一歩立ち止まる時間が必要なのではないでしょうか。

保護者が気持ちよく参加できる組織としてのあり方や活動内容について主体的に考え、「PTAはなんのためにあるのか」「なにをめざすのか」という本来の目的やビジョンについて、保護者同士で、保護者と学校で、対話の機会を重ねてくことが大切なのだと思います。

関連記事

おすすめの記事