PTAをやめたい37歳母親、退会を拒否する「PTA役員と学校」との壮絶な戦い

本来は「任意加入」のはずなのに…
長島 ともこ プロフィール

引っ越す前にお子さんが通っていた都内の公立小のPTAは任意加入だったのに加え、「『できる人が、できるときに、できる活動をしましょう』というスローガンで、イベントごとに協力者を募る“サポーター制”でした。私はオンラインで開催されたPTA行事のお手伝いをしたのですが、とても楽しく、雰囲気も良かったです。同じPTAでも、地域や学校によってこんなに違うんだと実感しました」と、前田さん。

納得できない部分も多かったけれど、「転校してきたばかりだし、まずは様子を見よう」と、係の希望表には「地域行事のパトロール」のところに○をつけ、提出。新学期が始まり、学年集会後のPTAの集まりの席で希望どおり「地域行事のパトロール」係に任命されました。

 

ただ、

「希望者がいない係は、その場でくじびき。下に赤ちゃんがいる保護者が平日昼間の活動に駆り出されたり、その日仕事で出席できなかった保護者が『集まりに来ないのがよくない』とばかりに負担の大きい委員の仕事を割り振られたりしている光景を見て、正直、時代からずれているなと感じました」

そして、6月以降、さらに事態は悪くなって行きます。以降の経緯は、【後編】「「PTAを退会する」と告げた母親に、PTA役員が返した「衝撃のひと言」でお伝えします。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/