Photo by iStock

皇位が世襲制になったのはいつから?

造作の下に隠された古層を明らかにする
「万世一系」の天皇を頂くとされる「日本」の起源はどこに求めるべきなのか————。
複数の王統が大王位を目指し競合していた時代が終わり、唯一の系統が大王の地位を独占するに至るプロセスを、これまであまり注目されていなかった史料から読み解いた現代新書の最新刊『倭国 古代国家への道』。その発売を記念して、5・6世紀の列島社会における国家形成の歩みを素描した序章を前後編に分けて特別に全文公開。今回は古代史研究における史料の扱い方と本書の展望を示した後編をお届けします。

前編:倭王はいつ、いかにして統治者としての専制的性格を獲得したか」

専制化の過程

継体天皇は実名を男大迹王おおどのみこといい、近江おうみ国(現在の滋賀県)を拠点とする彦主人王ひこうしのみこ越前えちぜん国を拠点とする振媛ふりひめの間に生まれた。継体は応神天皇5世の子孫と称し、母の振媛も垂仁すいにん天皇の子孫とされるが、それらの系譜の信頼性は乏しく、近江から北陸を勢力範囲とする事実上の地域勢力であったと考えられる。

その継体がどのようにして実権を掌握し、倭王位につくことができたのかは、不明な点が多い。ただ継体は即位前から大和に拠点を持つ有力な王族だった。継体はおそらく、仁徳系や允恭系などの倭王の王統とは直接の血縁関係を持たない、周縁王族の一人だったのであろう。彼の母方の拠点、越前国坂井きかない郡(現在の福井県坂井市周辺)には海部あまべ郷があり、そこには大和の葛城を拠点とする葛木(葛城)氏や品治部ほむちべ氏がいるように、周縁王族の支持勢力が集中していた。

その彼が倭王にまで上りつめることができたのは、一つには、尾張おわり(現在の愛知県)や近江出自の女性を后妃としたことにあらわれているように、それまでの倭王とは異なる、広範な地域勢力との間に同盟関係を結んだことが大きく影響していた。

継体の死後、相次いで即位する安閑あんかん宣化せんかの二人の倭王は、尾張出自の女性を母とする(尾張連草香おわりのむらじくさかの子、目子媛めのこひめ)。伝承上の存在を別にするならば、王族や大和の有力豪族以外の地域の女性を母とする倭王の登場は前代未聞のことだった。

ただし、それだけで継体が倭王になることができたわけではない。もう一つの重要な条件は、倭王にふさわしい権威を手に入れることであった。継体は仁徳系王統の最後の倭王、武烈の同母姉、手白香女王たしらかのひめみこを后妃に迎えることで、その目的を果たした。

 

新しいタイプの倭王の誕生

継体と手白香女王の間に生まれたのが、欽明きんめい天皇である。欽明こそは、父が拡大した権力基盤と、母の持つ前代以来の権威の双方を備えた新しいタイプの倭王であった。欽明以降、倭王の地位はようやく血縁により安定的に継承されるようになる。世襲王権の成立である。倭国における専制的な権力体は、5世紀末から6世紀初頭、継体天皇の即位によって成立し、安閑、宣化、欽明と続く新たな王統によって確立されたといえるのである。

なお『日本書紀』が継体治世の最後に引用する「百済本紀」という、倭国に亡命した百済人によってまとめられた書物には、日本の天皇と太子・皇子が共に逝去したとする記事がある。天皇を継体、太子を安閑、皇子を宣化とみて、彼らと欽明の間に政治的対立と内乱の勃発を推定する見解がある。

しかしこうした内乱の痕跡は、日本側の史料にはまったくあらわれない。終章で述べるように、この時代は朝鮮半島情勢の流動化によって失われつつあった倭国の権益を確保するため、国内統治の強化と外交関係の再構築が総力を挙げてめざされていた。また衰退した葛城の勢力に代わり、新たに台頭した蘇我そが氏が、安閑以降の統治体制の整備を強力に推進したことも見逃せない。新王統には分裂するような条件はなく、「百済本紀」の記事は誤聞の可能性が高い。

王統の統合と世襲化によって安定した王権は、列島統治のための新たな制度作りに取りかかる。人びとを奉仕する対象や職掌により、何々部という集団に編成する部民制べみんせい、王権の直轄拠点であるミヤケの列島各地への設置、地域勢力を王権への服属者として明確に位置づける国造制こくぞうせいなどの支配制度の成立は、いずれも6世紀代、世襲王権の成立と軌を一にする。

列島社会を一円的に支配する仕組みや、天皇の称号の成立は7世紀を待たなくてはならないが、他の王族や豪族とは異なる特別な存在、つまり専制君主としての倭王の地位は、6世紀中頃に成立したのである。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/