お嬢様学校で抑圧されて…帰国子女の女子高生が26歳でソープ嬢に転身するまで

パパ活~新貧困時代の女たち(9)後編

ここ数年、パパ活というカジュアルな呼称で性商売に手を出す女性が増えている。

パパ活アプリを使って資金援助してくれる男性を探し、食事やデートあるいはその先の行為を提供して稼いでいるのだ。

彼女たちはなぜ、パパ活に手を出してしまうのか。記事前編では、14年間ずっと誰かしら「パパ」がいるという33歳人妻のインタビューをお届けした。後編では私立校出身のお嬢様でありながら26歳で年収2,000万円を稼ぐソープ嬢となった彼女の人生と価値観について探っていく。

※本記事は、パパ活女子がインタビューで語った内容を一切脚色せずにまとめたものです。決してパパ活を推奨する意図ではないことを注記します。

 

「お嬢様学校」が合わず、アイディティクライシスに陥った10代

CASE9
名前:華(仮名)
年齢:33歳
職業:専業主婦
パパ活歴:14年(パパ活アプリは未使用)

19歳で資産20億を保有するという『足長おじさん』に見染められ、渡されたブラックカードで贅沢三昧していたという華さん――。

インタビュー冒頭で語られたこのエピソードだけでも、彼女の10代が平凡でなかったことは容易に想像できる。

華さんはアメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフだ。

父親は建築家として活躍しており、米国で暮らしていたが、子どもたちを日本の学校に通わせたいという母親の強い希望もあって、華さんが13歳の時に家族全員(父・母・華さん・妹)で日本へ移り住んだ。

東京都心の、お嬢様学校として名高い中高一貫校に帰国子女枠で合格したところまでは順調だった。

しかしこのお嬢様学校が、華さんにまったく合わなかった。

社交的で明るい性格であるため友人関係には苦労しなかったが、個性を許さない校風が窮屈で仕方なく、事あるごとに注意を受けていたそうだ。

教師から「そんなに日本が嫌なら自国に帰ればいい」と無神経な言葉をかけられたこともあった。

授業中に質問をしただけで「ペースを乱すな」と怒られる、解答だけで判断され過程を評価してもらえない試験、理由なく強いられる校則……。

これまでとは真逆ともいえる環境に置かれ、華さんはどう振舞うのが正解なのか、自分がどうあるべきかを完全に見失ってしまった。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/