photo by istock

「新しい金持ち」が選んでいる「金融資産」ベスト5を発表…1位に選ばれた「意外な商品」

世界がコロナの脅威に震撼するなか、富裕層が「資産を守る」方法も多様化してきている。預金、株式、仮想通貨…。果たして、「新しい金持ち」はどのような形で資産を保持しているのだろうか。500人以上の富裕層の資産運用コンサルティングを務めてきた、株式会社ウェルス・パートナーの世古口俊介氏が独自の視点から解説する。

激動の2020年を経て

2021年の金融商品のキーワードは「低金利」と「資産インフレ」である。どちらも2020年から続くコロナによる景気後退に対抗するための各国の財政と金融支援の影響を受けた現象だ。

各国の政府と中央銀行が資金を市場に供給し続けた結果、世界の金利は過去にないほど低くなり、あふれた緩和マネーはリスク資産に集まり、資産インフレを招いている。

photo by iStock
 

資産インフレを示すもっとも象徴的な数字は株価だろう。アメリカの代表的な株価指数S&P500は2020年の1年間で+16%上昇し、2021年の年初から同年9月3日までの8ヶ月で、すでに+20%上昇している。アメリカ以外の多くの国の株価も基本的には上昇し、またそれ以外の不動産価格なども上昇している。

金利の低下も数字が示している。アメリカの10年国債の金利は2020年の1年間で1%低下し、2020年12月末は0.9%と過去にない低い水準である。そしてアメリカと同じように世界各国の金利が低下しており、現在の世界は「金利が死んでいる」と表現されるほど低金利となっている。

そんな激動の2020年を経て、コロナが常態化した世界の2021年に富裕層はどういった金融資産に投資しているのか。早速、紹介していこう。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/