2021.09.12
# 教育

「勉強が好きな子」を育てるために、親が「やってはいけない」こと

子どもに関する調査から見えてきた
柴田 重信 プロフィール

5品目の摂取量を比較すると、卵と乳製品が高く、次に肉類で、大豆類や魚類の摂取は少ないという結果でした。このことは、摂取しやすさ、調理法の簡単さなどの要因が絡んでいる可能性があります。そこで、この5品目で、図6-5のような解析を行いました。

図6-5:小学生が朝食で摂っているタンパク質の内容
拡大画像表示

さらに、それぞれ精神面について質問をしたところ、「和食」の方が「洋食」や「シリアル」より不安やイライラが少ないという結果が出ました。ただ、「洋食」と「シリアル」では粘り強く疲れにくい傾向があり、どちらにも良い影響はありそうです。

また、食文化に関する、だしの知識や季節の旬の食材の知識などの質問で、和食の知識が豊富であるという結果が出ました。また和食は早寝早起きであることがわかり、『時間栄養学入門』第4章の大人の朝食調査結果と同様、「早寝早起き朝ごはん」の標語の朝ごはんは、パンやシリアルではなく和食を示していると感じる調査結果です。

Photo by iStock
 

次に、5品目のトータルスコアと、種々の質問項目についての相関性を調べると、このスコアが高いほど、勉強が好きで授業の理解度も高く成績も良いという結果でした。

また、タンパク質のスコアが高い人ほど、起床時間が平日でも休日でも早く、スマートフォンなどを夜遅くまでしないことがわかりました。さらにそのスコアが高いほど、体力に自信があり、身体活動が好きであるという結果も出ました。

以上をまとめると、朝食でタンパク質を多く摂れている人は、おそらく生活リズムが規則正しく早寝早起きが習慣づいており、そのことによって朝食に時間的余裕があり、和食を中心とする十分量の食事を摂ることができている可能性が高いと考えられます。また、タンパク質摂取量が多いことで、体調も良くなり体力の自信などに結びついているのかもしれません。

関連記事

おすすめの記事