「納得いかない」楽天の独自配送サービス終了で“解約”委託業者が憤る「深刻なワケ」

予期せぬ解約に“不穏”な情報も
伊藤 博敏 プロフィール

好調なEC市場

コロナ禍の「巣ごもり需要」もあって、楽天グループの好業績が続いている。

三木谷浩史会長兼社長は、9月2日、「楽天市場」の出店者向けオンラインイベント「楽天EXPO2021」で、「今年、国内のEC流通総額が5兆円を突破する。2030年には10兆円を目指したい」と語った。楽天市場単体のEC流通総額は20年12月期に3兆円を達成。その勢いは止まらず、グループとしての国内EC流通総額は21年中間期(1~6月)で、前年同月比17%増の約2兆2777億円だった。

三木谷浩史会長兼社長(写真は2019年)/photo by gettyimages

そんな楽天の“アキレス腱”が物流である。

当初から自前物流倉庫を持っていたアマゾンと違って、仮想ショッピングモールへの出店という形でスタートした楽天は、出店者の配送システムに頼ってきた。その状況を打破、18年7月、エクスプレス事業を強化し、楽天市場の出店者向け商品の保管から配送までを一気通貫で支援するシステムを、全国レベルで構築すると発表した。

この独自配送サービスの「楽天エクスプレス」のために約2000億円の資金を用意、業務委託契約を運送業者と結び、全国展開していった結果、人口カバー率は63%に到達した。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/