社会的、文化的に形成された、ジェンダーという概念。心理的な自己認識や置かれた環境によって一人ひとりが抱く問題意識は違います。今回は、「フェミニズムの現在地」というテーマを軸に、作家の松田青子さんと〈エトセトラブックス〉代表の松尾亜紀子さんに語り合ってもらいました。

-AD-

「自分にとってフェミニズムは
核にあるもの」─松田

『おばちゃんたちのいるところ』『男の子になりたかった女の子になりたかった女の子』など、フェミニズムに根ざした作品を書いてきた作家の松田青子さん。フェミニズム出版社〈エトセトラブックス〉を立ち上げた編集者の松尾亜紀子さん。数年来の友人であるふたりに、フェミニズムの実践として本を書き、出版することについて語ってもらった。

左・松田青子さん、右・松尾亜紀子さん

松田 松尾さんと初めて会ったのは、2013年に河出書房新社から最初の単行本『スタッキング可能』を刊行した時です。当時、担当編集は別の方でしたが、松尾さんはその出版社で働いていて。私が会社で取材を受けていた時、つかつかつかとやって来て、いきなり「本おもしろかったです、最高のフェミニズムです!」と言ってくれた。私にとって印象的な出会いです。

松尾 私もよく覚えてます。『スタッキング可能』をはじめて読んだ時は、「これ、すごいんだけど!」って叫びました。

松田 実は『スタッキング可能』は、フェミニズムを意識して書いていなかったんです。自分にとってこの社会がどう見えるか、自分がずっと感じているこの違和感は何なのかを物語にすることに集中していました。それをフェミニズムだって言ってくれたのが松尾さん。

松尾 意識しないで書いたなんて。私は当時ジェンダーやフェミニズムの本を意識的に作り始めたころで、それまでもフェミニズムの本は読んでいたけど、同じ時代、同じ言語、同じ世代の作家が言葉にしてくれて、自分もこういう風に感じてきたと気づけて、すごく嬉しかった。

松田 あの時、松尾さんが「周りの女性たちがすごく喜んでる」って言ってくれて、それがひとつの指針になったんです。私が感じていること、私が書きたかったことは間違っていなかったんだと思えたし、女性たちが喜んでくれたことが本当に嬉しかった。