2021.09.18

「関西スーパー」買収合戦のウラで、次にターゲットになる「意外すぎる会社」

小売業界の「大再編」が始まった

大阪キタ・ミナミ「百貨店業界」の再編劇!

大阪の街は梅田を中心とするキタ、なんば・心斎橋など道頓堀を中心とするミナミに分かれるということはよく知られています。どこまでがキタで、どこまでがミナミなのか、境界線はあるのか、ということがよく話題になりますが、明確な境界線はなさそうです。

ただ、南北を貫く御堂筋を走る地下鉄御堂筋線の駅を基準に考えると、淀屋橋駅がキタで、心斎橋駅がミナミであることに反対意見はなさそうです。従って、その間の本町駅あたりが南北の境目になると考えられます。御堂筋の由来である、北御堂・南御堂もちょうど本町駅を境にしています。

キタ・ミナミにはそれぞれ街を代表するデパートがあります。

Photo by iStock
 

ミナミですと、旧そごう心斎橋本店の跡地を買収して大きくなった大丸の本店である心斎橋店や、高島屋の登記上の本店であり南海電鉄のターミナル難波駅に構える高島屋大阪店があります。

ミナミからは外れる感じもありますが、日本最高層のビルであるあべのハルカスには近鉄百貨店本店もあります。これら錚々たるデパートの本店があるものの、大阪を代表するデパートと言うと、キタの梅田にある阪急百貨店うめだ本店(以下、うめだ阪急)を挙げる人がほとんどではないでしょうか。

SPONSORED