城への愛を語る藤波辰爾さん/編集部撮影
# 美術・建築

120億円の“藤波城”を築城予定…?お城好きプロレスラー藤波辰爾の「本気すぎる野望」

歴史がテーマの冠番組をもつ「ドラゴン」

またこの人は城を訪れている。

「もうええ!初めてやわ、城に飽きたの」

千鳥がロケVTRを見ながらツッコミを入れる番組『相席食堂』。いつまでも城を見て回るゲストにノブがたまらず叫んだ。

それだけではない。『バカリズムの大人のたしなみズム』に出演したその人は、石垣の石を加工するための石切り場跡を見てうっとりとしているではないか。

藤波辰爾。ひとは、彼を「ドラゴン」と呼ぶ。ドラゴンスープレックス、ドラゴンスリーパー、ドラゴンロケット……。得意の「ドラゴン殺法」で日本中を沸かせ、数々の名勝負を繰り広げてきた伝説のプロレスラーは、昔からそうだった。

伝説のプロレスラーの意外な一面が…/事務所写真提供
 

日本の城が大好きなのだ。

現在は念願叶って自身の番組『藤波辰爾の歴史探訪』が、静岡のケーブルテレビで放送中で、日本全国の城を制覇しようとしている藤波さん。そのお城への愛はいかほどなのか。ご本人に詳しく聞かせてもらった。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/