photo by gettyimages

「菅退陣」「次期総裁」報道で見えてきた、「なんでもあり」なマスコミの腹の中

世論調査も信用ならない…?

各社の社説はどう報じたのか

9月3日(金)に政局が大きく動いた。菅首相は、3日昼の自民党役員会で総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬しない意向を表明した。事実上の退陣表明だ。

各紙の社説は以下の通りだ。

朝日新聞「菅首相1年で退陣へ 対コロナ 国民の信失った末に」(https://www.asahi.com/articles/DA3S15032328.html)
毎日新聞「菅首相が辞意表明 独善と楽観が招いた末路」(https://mainichi.jp/articles/20210904/ddm/005/070/123000c)
読売新聞「菅首相退陣へ コロナ克服に強力な体制作れ」(https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20210903-OYT1T50378/)
日経新聞「危機下で指導力発揮できる体制を」(https://www.nikkei.com/article/DGXZQODK039Q80T00C21A9000000/)
産経新聞「首相退陣へ 長期担うリーダーを選べ 菅内閣はコロナに専念せよ」(https://www.sankei.com/article/20210904-C7P5Y6NIJFJGDNWORAWI4GG77M/)

朝日、毎日は、年間5万円ほど(消費税2%分程度)の携帯料金引き下げなどの菅政権の実績には一切言及せずに、新型コロナ対策の失敗で政権を維持できなくなったというスタンスだ。読売、産経は、実績には言及しつつも、やはりコロナ対策の失敗をあげている。

photo by gettyimages
 

政治部記者は、解散権や人事権も封じられて、万策尽きたと解説している。

筆者も、現状の政治情勢については否定しないが、このようにあっさりと退陣を表明したのは、もともと安倍前首相が病気退陣したの受け、今年9月までの総裁任期で「ショートリリーフ」だったからだ。

筆者がそう考えるのは、菅首相は、派閥を持たず総理総裁になるつもりはなかったといってもいいからだ。安倍前首相の後に、新型コロナ対策をしなければいけないので、そのために首相を引受け、新型コロナ対策について、賛否はあれど尽力した。

11月の総選挙で自民党が勝利するために、身を引いたのだろうと思っている。これについては、筆者のユーチュープチャンネルをご覧いただきたい( https://www.youtube.com/watch?v=iwYeFeY7Nzk)。

筆者が、菅首相の新型コロナ対策をよくやったと評価するのは、まず結果だ。
百万人あたりの累積感染者数を見ると、G7ではトップ、G20でも4位だ。百万人あたりの累積死者数でも、同じ順位だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/