2021.09.13

文在寅が“自爆”へ…韓国経済「第2のIMF危機」急浮上で、北朝鮮からも「見捨て」られる文政権の悲劇!

羽田 真代 プロフィール

有価証券などが大半を占めた外貨準備高に即効性があるとは到底考えられず、韓国経済の危機は依然として変わりないようにうかがえる。でなければ、少し前まで金融危機で大騒ぎしていたトルコと通貨交換(スワップ)協定など締結しないだろう。

北朝鮮にも見捨てられる…

そういえば、文在寅大統領は2019年8月の演説で「南北が統一すれば8千万人の単一市場が誕生し、経済規模で世界トップ6入りすることも可能だ」と述べていたが、年々増加する負債は統一構想の足を引っ張っていないのだろうか…。

北朝鮮からも相手にされない… photo/gettyimages
 

文在寅大統領は遅くとも2045年までの統一を目指している。経済破綻寸前の北朝鮮を統一するには、韓国側に十分な資金がなくてはならないのだが、目の前の経済にすら手が回らない文在寅大統領が四半世紀先のことなど到底考えてもいないだろう。

現時点でも北朝鮮は韓国に対してそれほど良い反応を示してないが、経済が悪化する一方の韓国に完全に見切りをつける可能性だってある。韓国に頼らなくとも北朝鮮の周辺には彼らに手を差し伸べる強国が存在するからだ。

文在寅大統領は北朝鮮という“憧れの国”と手を取り合う時のためにも、まずは自国の財政状態を早急に立て直す必要があるだろう。あと半年の任期で成し遂げられるかはまた別の話だが。

SPONSORED