カリスマになる気はない…女優・石田ゆり子が歩んできた「実直で骨太な生き方」

「奇跡の51歳」の軌跡をたどる

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」ついにラスト2話

TBS『日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」』(日曜午後9時)が最終回まで残り2話となった。

視聴率のほうは絶好調。8月29日放送の第9話は世帯が15.0%、個人全体が8.9%、コア層(13歳~49歳)は6.3%、F1層(女性20歳~34歳)は5.2%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。どの数値も8月最終週に放送された全ドラマの中でトップ。死角がない。

凄腕医師・喜多見幸太(鈴木亮平、38)が率いる救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍を描いているのはご存じの通り。画期的だったのは世間に実在しないERカーを取り入れたことである。

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」公式HPより

救命医のドラマはやり尽くされていたと思われていた。だが、オペ室を備えたERカーがさまざまな事件や事故の現場に急行する形にしたことで、新たな可能性が広がった。

民放の連続ドラマの中で制作費が最も潤沢な『日曜劇場』だからリアルなERカーをつくれたのだろう。キャストもほかのドラマと比べ豪華だ。

 

MERを立ち上げた東京都知事・赤塚梓(石田ゆり子、51)と彼女を潰そうとする厚労相・白金眞理子(渡辺真起子、52)の対立構図をつくった構成もうまかった。対立はストーリーの面白さを膨らませる。ラブストーリーにおける恋敵同士との対立、ホームドラマでの親子の対立などと同じである。

おまけに赤塚知事は特発性拡張型心筋症を患っており、心臓移植をしないと余命3カ月。最終回が近くなってもストーリーが緩まず、緊張感は増すばかり。視聴率面での完勝も納得である。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/