東京お台場 大江戸温泉物語[Photo by gettyimages]
# アニメ # お台場

閉館する「大江戸温泉物語」が、お台場の“オタク文化”に果たした「大きな役割」

いま、お台場が変わりつつある

惜しまれながらも閉館

お台場にある温泉テーマパーク「東京お台場 大江戸温泉物語」が、2021年9月5日に営業を終了し閉館する。同館は2003年3月に開業し、今日までの18年間、多くの人に愛されたお台場エリアを代表する施設の1つであった。

東京お台場 大江戸温泉物語[Photo by gettyimages]
 

閉館の理由は、東京都との間で結んでいた事業用定期借地権設定契約が2021年末に期限を迎えることが原因のようである。大江戸温泉物語を運営する大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社は、同施設の営業を継続するために様々な方策を検討したという(※1)。

同社にとってお台場は創業の地であり可能な限り営業を続けたかった。しかし、東京都との契約締結当時の借地借家法では、契約の最長期間が20年となっており延長が認められておらず、東京都との再契約も叶わなかったことから営業を終了せざるを得なくなった。

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社は、大江戸温泉物語の名前を冠する施設を日本全国に持っている。しかし、本稿ではお台場にある「東京お台場 大江戸温泉物語」のみを論じるため、以降は同施設だけを「大江戸温泉物語」と呼びたい。

さて、大江戸温泉物語についてもう少し詳しく見ていこう。大江戸温泉物語は、日本全国にあるような単なるスーパー銭湯ではない。日本初の温泉テーマパークである。施設内には江戸のまちが再現されており、来館者はあたかも江戸時代にタイムスリップしたかのような体験をすることができる。

大江戸温泉物語の内部[Photo by gettyimages]

館内には屋台などの縁日を体験できる施設や、居酒屋、和食レストラン、フードコートなどの複数の飲食店が用意されている。こうした施設が、日本人はもちろんインバウンド観光客に対しても大きな人気を博した。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/