戦時下のインド洋を極秘潜航した潜水艦の正体

彼らが持ち帰った重要な物質とは?
蒲生 俊敬 プロフィール

潜航コースを再現すると…?

潜水艦の予定コースを決めるうえで重要な「インド洋の海況」について、当時の日本海軍はどの程度把握していたのでしょうか? たいへん興味のあるところです。

図1は、当時の代表的な教科書『海洋学』(野満隆治著)に掲載されていた世界の海流図です。南インド洋に反時計回りの「亜熱帯循環流」のあることや、赤道付近に西向きの強い流れのあることなど、基本的な表面海流の特徴は、すでによく知られていたことがわかります。

【写真】「世界海流図」図1 「世界海流図」〈野満(1931)より〉

『深海の使者』の記述をもとに、潜水艦の航跡を推定して図2に示しました。往路も復路も、なるべく短い日数でインド洋を渡りきるために、亜熱帯循環流をうまく生かそうとしたようです。

【地図】 「深海の使者」の大まかな航海ルートの推定】図2 「深海の使者」=潜水艦の大まかな航海ルートの推定
 

往路での給油は、インド洋のほぼ中央を過ぎたあたり、ちょうどロドリゲス三重点のあたりでなされました。ロドリゲス三重点とは、インド洋の深海底を逆Y字形に3分割している三つの中央海嶺(かいれい)が一点で交わる要所です(図3参照)。

【図】インド洋の海底地形とロドリゲス三重点図3 インド洋の海底地形とロドリゲス三重点の位置

海底に連なる火山山脈を中央海嶺といいますが、これら三つの中央海嶺はそれぞれ、中央インド洋海嶺、南西インド洋海嶺、南東インド洋海嶺という名前がついています。

「イ号」の各潜水艦はこのロドリゲス三重点の近辺で、別の潜水艦、または油送船とドッキングし、給油ホースを用いて洋上給油しました。波が高いときには、かなりの難作業だったと推測されます。

このロドリゲス三重点の近郊は、ぼくらが1993年から2000年にかけて、海底温泉の探索で繰り返し訪れた海域です(『インド洋』第2章参照)。

「イ号」潜水艦も「ここで給油していたのか」と思うと、感無量でした。観測の合間に、デッキにもたれて海面を眺めていると、今にも目の前に、往時の潜水艦がタイムスリップして浮上してくるのではないか──と、不思議な気分にとらわれました。

あえて「荒れる時期」を選んだのか

潜水艦に乗船したのは軍人だけでなく、民間企業の技術者が便乗することもありました(特に「イ52」では7名)。ドイツの最新技術を学ぶためです。

いつ撃沈されるかわからない大戦下の潜水艦の、暗く狭い船内に2~3ヵ月、もしくはそれ以上のあいだ閉じ込められるのは、たいへんな苦痛だったに違いありません。特に、アフリカ南端沖の「吠える40度」越えが一大難関でした。

南インド洋の南緯40度から60度のあいだには、俗に「南極海の暴風圏」とよばれる大波高帯が広がっています。昔から船乗りによって「吠える40度、狂う50度、絶叫する60度」と恐れられてきました。このあたりの海域は常時、強い偏西風が吹くために海面が波立ち、さらに低気圧が次々と通過していくことで、大荒れの海が続くのです。

ケープタウンのイギリス軍基地を避けるために、南下すればするほど海は大荒れとなり、強い西風に逆らって進まなければなりませんでした。

図4によれば、「吠える40度」海域は、冬の時期ほど海況が悪く、航走には明らかに不向きです。

【図】インド洋の平均波高分布(単位:メートル)(和達(1987)より)図4 インド洋の平均波高分布(単位:メートル)〈和達(1987)より〉  拡大画像表示はこちらから

ところが表1を見ると、たいてい5〜9月という南半球における晩秋から冬の荒天期に、苦労してここを通過していることがわかります。

季節によって海況に大きな違いのあることが、当時は知られていなかったのでしょうか。あるいは、敵の哨戒のウラをかこうと、あえて海況の悪い時期を選んだのかもしれません。

ところで、彼らはいったい、どのような積み荷を搭載していたのでしょうか?

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/