眞子内親王[Photo by gettyimages]
# 皇室

眞子さま「駆け落ち婚」であらためて見えた、小室母子の信じられない「非常識さ」

アメリカに移住しても、問題は残る…

スキャンダルが続出している

前代未聞の「勘当婚」になるだろう。讀賣新聞が9月1日、一面にて「眞子さま年内結婚」と報じた。秋篠宮家の眞子内親王と国際基督教大学の同級生だった小室圭氏との結婚が「強行婚」「駆け落ち婚」とも揶揄されるのは、国民のほぼ全員が反対しており、納采の儀や朝見の儀など皇族として正式な結婚が不可能だからだ。その原因は圭氏の母・佳代氏から続々と出てくる「品性」に関するスキャンダルだ。

眞子内親王[Photo by gettyimages]
 

2017年12月に週刊女性が報じた「かつての婚約者」からの409万3000円の「借金」問題の他、遺族年金詐取疑惑などが浮上し、週刊新潮2021年9月9日号では「傷病手当不正受給」問題まで暴露された。

佳代氏は2018年春から2019年秋にかけておよそ1年半にわたり、「適応障害」ということで勤め先のケーキ屋を休職して傷病手当を受け取っていたが、同時期に軽井沢の喫茶店で“アルバイト”に励んでいたという事実がすっぱ抜かれたのだ。

また圭氏の亡父・敏勝氏が2002年3月に壮絶な“自死”を遂げ、その1週間後に祖父も自殺し、さらに1年後に祖母も亡くなったという事実は人々を震撼させた。その他、佳代氏の怪しげな人物との交際や、亡くなる直前の衰弱した敏勝氏を自宅に放置したまま、幼い小室氏を連れて「湘南のパパ」と呼ぶリッチな男性とドライブを楽しんだ過去なども報道されている。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/