不倫がバレた… photo/iStock
# 不倫

23歳専業主婦の「ラブホテル不倫」がバレて、年収450万円夫が青ざめた「ヤバすぎる浮気相手」

「見られたくない写真」が…!

「不倫」に対する世間の見方は、ここ数年特に厳しくなっています。芸能人の「ゲス不倫」が話題になって以降、不倫当事者が社会的制裁を受ける光景が毎年当たり前のようになってきました。

裏を返せば、それほど不倫が発覚するケースが増えているということでしょう。背景には、人々がスマホなどデジタル機器を使うことが当たり前になったことが挙げられます。前編記事(『「不倫」する31歳専業主婦の“大暴走”で、サラリーマン夫が青ざめた「ヤバすぎる大事件」』)ではICカードの履歴から不倫がバレたケースを紹介しましたが、今回はさらにデジタル、スマホ時代だからこそ「不倫」がバレてしまった恐ろしいケースについて紹介しましょう(以下はすべて仮名)。

「彼女が僕と結婚しているって知りながら、しつこく誘うなんて許せません!」と声を上げるのは一色有起哉さん(46歳、仮名)。一体、何があったのでしょうか。

本人たちはバレていないつもりでも… photo/iStock
 

スマホの「同期」という機能を使っている人はいらっしゃるでしょうか。これはスマホ、タブレット、パソコンなど複数の端末で同じデータにアクセスできる機能です。たとえば、仕事ではワードやエクセル、パワーポイントのデータやメールなどのやり取り、個人では写真や動画、LINEのやり取りなどを複数の端末で「同期化」できます。

昨年から続く新型コロナウイルスの影響で、いまでもリモートワークを推奨する企業が多いですが、有起哉さんの妻(44歳)もリビングでパソコンを使って働いていました。特に仕事場が勤務先の会社、自宅の書斎、ビジネスホテルの一室など複数ある場合、同期の機能なしに作業を行うのは難しいくらい重宝します。

一方、個人としてはどうでしょうか? パソコンやスマホの中に「見られたくない写真」などがある場合、それが予期せぬ端末に同期されてしまっていたら……。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/