意外なところからバレた… photo/iStock
# 不倫

「不倫」する31歳専業主婦の“大暴走”で、サラリーマン夫が青ざめた「ヤバすぎる大事件」

一年で「不倫が一番多い月」

突然ですが、質問です。「不倫の相談」が1年のなかで一番多いのは何月でしょうか――。

筆者は行政書士、ファイナンシャルプランナーとして長年、夫婦の悩み相談にのっていますが、いまは「8月」と答えます。しかし、数年前は「10月」でした。

なぜなら、かつては「不倫した日」と「バレる日」の間に“時間差”があったからです。

不倫が「即バレ」するケースが増えている photo/iStock
 

これまで8月の不倫がバレるのは10月でした。例えば、「探偵に頼んでおいた証拠がようやく入手できた」「クレジットカードの明細に2人分の旅行代金が記載されているのがわかった」「久々の性交渉で避妊に失敗し妊娠が発覚した」……など、証拠を入手するのにはそれなりの時間が必要だったからです。

実際のところ、途中で不倫カップルが喧嘩別れをし、発覚時には関係を解消しているのに、配偶者が「別れたって嘘をつかないで」と信じないようなケースもありました。

しかし、ここ数年間でこの状況が大きく変わりました。

背景には、「IT技術」が飛躍的に進化したことがあります。特にスマホ上に残された“証拠”でバレる場合、時間差がない「即バレ」のケースが増えており、デジタル化の影響でバレるまでの日数は加速度的に早まっているのです。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/