〔PHOTO〕iStock

2650万円で「中古マンション」買った年収530万夫婦、購入を「大後悔」した意外なワケ

念願のマイホーム

神奈川県横浜市にある総戸数100戸を超える築17年のマンション2650万円(80㎡)を購入した金子健太(34歳・仮名、以下同)さん。美容室に勤めており、年収は約430万円、奥様の陽子さん(33歳)はパートタイマーで約100万円の年収がありました。

購入時に担当した不動産業者からの

「独立してお店を出した後では住宅ローンが組みにくい」
「家賃を支払い続けるのはもったいない」
「住宅ローンの金利が低いうちに不動産を買っておけば将来的に損はしない」

という説得も後押しとなり、購入するに至ったのです。しかし、結局、3年ほどである出来事が起き、購入を後悔することになります。ご夫婦に何が起きたのでしょうか。

金子さんはいつかご自身でお店を出す夢を抱いていましたが、物件を探していた当時は、とりあえず勤務先まで自転車で通える範囲内であることと、奥様は美術関係の学校を卒業しており趣味の絵画を堪能するために、居室の1室をアトリエに使用できるような部屋数に余裕のあることを条件にしていました。

〔PHOTO〕iStock
 

またお二人は友人が多く、頻繁に家で食事会やお泊まり会を開催したいという思いと、ご両親が泊まりに来たときのことや、いつか子どももできるであろうとの考えから、4LDKの間取りを探し、10件ほどの見学を重ねて、二人の希望が重なる物件をようやく見つけることができました。

住宅ローンの審査も無事に通過して物件の引き渡しを受け、平日休みだからこそ選べる料金が安めの設定である火曜日にお引越しをしました()。

「文末にお引越し料金を安くしたい鉄則」を記載しておきますのでご参照ください。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/