# ビール

「ジャパンブランド」を世界に発信する、斬新すぎる「クラフトビール」があった…!

次々とユニークな商品を出せる理由

最初の製品となったのが、総合アルコールブランド「CRAFTX」から2020年1月に発売されたクラフトビール「クリスタルIPA(クリスタルアイピーエー)」だ。「クリスタルIPA」は茨城県の木内酒造と共創して生み出され、「ジャパン・グレートビア・アワーズ2021(Japan Great Beer Awards 2021)」で銅賞を受賞した。

木内酒造は1823年に創業した老舗で清酒の「菊盛」でよく知られている。1996年10月に発売した「常陸野ネストビール」は国内外で数々の賞を受賞し、世界30ヶ国以上に輸出。まさに日本を代表するクラフトビールメーカーであるといっていい。

クラフトビール界を代表する木内酒造と共に開発した「クリスタルIPA」は、店頭で販売されておらず、インターネットでのみ販売されているのが大きな特徴だ。

 

キーマンが語る「クリスタルIPA」の魅力

「クリスタルIPA」を語る上でキーマンとなる人物がいる。

「クリスタルIPA」は2019年11月に「No.000」がテスト販売され、好評を博する。2020年1月には正式版となる「No.001」を、2020年8月には「No.002」を発売。いずれとも消費者に支持されたことから、ビジネスをさらにグロースさせることになった。

そして「CRAFTX」ブランドディレクターとして、この責務を担うことになったのが、2020年11月にジョインした松田周達氏である。松田氏は野村證券から大手飲食店予約サービスのトレタを経ており、マーケティング・サイエンスに造詣が深い。この松田氏のもと2021年7月16日にリリースされたのが「No.003」であった。

「CRAFTX」ブランドディレクターの松田周達氏(MOON-X提供)

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/