photo by gettyimages

「Wi-Fiってなに?」日本人の大多数が、意外と理解していない問題

「=ネット接続」は大間違いだった!

「Wi-Fi」と聞いて、何を思い浮かべますか?

IT機器に詳しくない人と話す際、認識の違いに驚かされる言葉がいくつかある。

特に最近、SNSなどでも話題になることが多いのが、「Wi-Fi(ワイファイ)」という言葉を聞いて思い浮かべるものの違いだ。

どう違うのかについては、あえてのちほど述べることにするが、この「Wi-Fi」の捉え方の違いは、単に技術を理解している/していないの話にとどまらず、生活のなかで通信がどのようなかたちで存在し、浸透してきたか、という流れと課題が見えてくる。

もはや耳にしない日がないくらい日常に浸透したWi-Fiについて、今回はあらためて深掘りしてみることにしよう。

「Wi-Fi」の正しい意味、知っていますか?

まず、質問から。——「Wi-Fi」とはなんだろう?

あなたなら、どう答えますか?

ちなみに、正確な定義は次のようなものになる。

〈無線を使って機器間の通信をおこなう、俗に「無線LAN」とよばれるもののうち、特に「IEEE 802.11」として定められた規格に適合し、さらに、業界団体である「Wi-Fi Alliance」の認証を得た製品に使われる「ブランド名」〉

情報量が多すぎてややわかりづらい定義なので、少しシンプルにしてみよう。

「IT機器を無線でネットにつなぐ際に使う『無線LAN』の愛称」、といった感じだろうか。

【写真】Wi-fiとはWi-Fiとは、「IT機器を無線でネットにつなぐ際に使う『無線LAN』の愛称」といったようなものだ photo by gettyimages

だが、Wi-Fiという言葉に対し、まったく別の意味合いとして捉えている人々もいる。そして、その場合のWi-Fiとは、かなりの確率で「インターネット接続を提供する回線」のことだと思われている。

代表的なのが、次の例だ。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/