※本記事は『わかっていても』最終話までの内容を含みます。ネタバレを気にする方は視聴後にお読みください。
-AD-

「クズ男」が改心することは、あり得ないことではない

Netflixで配信されている韓国ドラマ『わかっていても』が最終回を迎えた。人気ウェブトゥーンが原作の、愛は信じていないけど恋愛はしたい女と、恋愛は面倒だけどときめきは楽しみたい男の駆け引きを描いた青春ドラマだ。

23歳の主人公ナビ(ハン・ソヒ)は、超絶イケメンのモテ男ジェオン(ソン・ガン)の誘惑に抗えず一線を越え曖昧な関係を続けるが、嫉妬や誤解などに疲れ、関係に終止符を打とうとする。ところがジェオンはナビに執着し始め、ついには「付き合おう」と言い出し、ナビもジェオンを受け入れ恋人同士に……というあらすじなのだが、

そんなうまくいくかーーーい!!!

と、ツッコミを入れたくなった人もいるのではなかろうか。

JTBC公式サイトより

複数の女性とセックス込みの曖昧な関係を楽しんできた男が、急にそのうちのひとりの女性に真剣になって本気の恋愛をするとか女性に都合よすぎだよ、と。リアルじゃないよ、と。

確かに、ジェオンのような男と出会って曖昧な関係が始まった場合、大抵は、女性が悩んだ末に身を引いて終わるか、男性が引き止めて曖昧な関係が継続するかのどちらかになる。

が、その上で、電話やネットで多くの人の恋愛相談に乗ってきた筆者は思った。この結末、あり得なくない、と。

なぜならナビは、曖昧な関係に悩む女性の一般的な行動パターンを取らないのだ。他にも、遊び人が真剣モードにシフトチェンジする後押しとなり得る要素がこのドラマには散りばめられている。

どのあたりからそう感じたのか、具体的なシーンや台詞などもまじえて語っていこうと思う。