photo by gettyimages

近親交配はよいこと? 進化の法則をめぐるジレンマ

スペイン帝国が凋落した原因にも

進化の手のひらの上

生物は進化する。そして、私たちヒトは生物である。したがって、もちろん私たちも進化する。だから、私たちも進化の法則に支配されていて、それから逃れることはできない。私たちは、しょせん進化の手のひらの上で踊っているに過ぎないのだ。だから、進化の法則を私たちに当てはめれば、私たちの体の形や行動についての理解が深まるはずである。

以上に述べたことは正しい、と私は思う。ということで、進化の法則を私たちヒトに当てはめてみたのが、以下の話である。でも、この話の結論は正しいだろうか(ちなみに以下の話では、「子がいないより、いるほうがよい」といった表現が出てくるが、これは何らかの価値観ではなく、進化のメカニズムとしての話なのでご了承ください)。

配偶相手は兄弟姉妹のほうが良い?

生物は、自分の遺伝子をなるべく増やそうとする。つまり、なるべくたくさんの子を残そうとする。ヒトの場合は結婚したりして子を残すわけだが、さて、どうすれば自分の遺伝子をたくさん残せるだろうか。

ヒトは有性生殖をして子を作る。つまり、自分のDNAと配偶相手のDNAを、両方とも子に渡す。でも、そのまま渡したら、子のDNAは、自分や配偶相手のDNAの2倍になってしまう。そこで、子に渡す前に、DNAを半分にしておく必要がある。

この、DNAを半分にする操作を減数分裂という。ヒトは減数分裂によって精子や卵を作るので、精子や卵のDNAは半分になっている。その精子と卵が受精すれば、DNAの量はもとに戻って、ちょうど良くなるわけだ。

さて、あなたのDNAには遺伝子がたくさんあるが、その中のある遺伝子の遺伝子型をAAとしよう。そして、配偶相手が血縁関係にない人だとすると、あなたとは遺伝子型がたいてい異なるので、配偶相手の遺伝子型をBBとしよう。すると産まれた子は、あなたからAを受け継ぎ、配偶相手からはBを受け継ぐので、遺伝子型はABとなる。つまり、子の遺伝子の半分は、あなたの遺伝子と同じというわけだ。

ところで、もしも配偶相手が兄弟姉妹だったらどうなるだろうか。兄弟姉妹のDNAなら、その半分は、あなたのDNAと同じはずだ。そこで、兄弟姉妹の遺伝子型をACとしよう(あなたの遺伝子型はAAだ)。すると産まれた子は、あなたからAを受け継ぎ、配偶相手(あなたの兄弟姉妹)からはAかCを受け継ぐ。したがって、子の遺伝子は、それぞれ1/2の確率でAAかACになる。

AAの場合は、子の遺伝子とあなたの遺伝子は100パーセント一致し、ACの場合は50パーセント一致する。つまり、平均的に考えれば、子の遺伝子の75パーセントがあなたの遺伝子と同じになる。

【図】血縁関係にある場合と兄弟姉妹婚の場合配偶相手が血縁関係になければ子の遺伝子型はABとなり、配偶相手が兄弟姉妹ならば子の遺伝子型はAAかACとなり、あなたのA遺伝子は75パーセントの確率で子に受け継がれる

つまり、自分の遺伝子をたくさん残すためには、配偶相手に赤の他人より兄弟姉妹を選んだほうがよいことになる。しかも、この考えを後押しする別の条件もある。

ヒトの社会背景史を考えてみても理にかなっている!?

現在でこそヒトは70億人を超える人口に膨れ上がっているけれど、かつては人口が少なかった。あまりに人口が少ないと、配偶相手がなかなか見つからずに苦労をすることになる。

しかし、兄弟姉妹のような家族を配偶相手に選べば、一緒に暮らしていることも多いので、見つけるのに苦労することも少ない。とにかく、配偶相手が見つからなければ、子を一人も残すことができないのだ。たとえ兄弟姉妹でも、配偶相手がいて子を残せるだけで、ずっとよいと考えられる。

ギリシア神話における全知全能の神ゼウス(右)は、姉のユノーと結婚する。シチリア島で発掘された、婚姻を描いたメトープ(レリーフ彫像) photo by gettyimages

以上の考察から、赤の他人と結婚するよりは、血縁関係にある人と結婚したほうがよいと結論される。赤の他人よりは、いとこのほうがよいし、いとこよりは兄弟姉妹のほうがよい。自分と配偶者の血縁関係が近いほど、自分の遺伝子をたくさん残せることになるからだ。したがって、ヒトでは近親交配を好むような進化が起こるはずである。

さて、進化の法則を私たちヒトに当てはめた話というのは、以上で終わりである。この話に論理的な間違いはない。事実関係(昔の人口は少なかったとか)も正しいだろう。では、結論も正しいのだろうか。

関連記事