ピクサーの世界に憧れて

しかしここで純粋に疑問がわく。アニメーションと言えば日本のお家芸。なぜ、わざわざ留学してアメリカでアニメーションを学ぼうと思ったのだろうか。

――単純に、アニメーションを好きになったきっかけがピクサー作品だったということでアメリカのスタジオに憧れを抱いたというのも大きいのですが、アメリカにこだわった理由は、CGアニメーションを学びたかったからです。日本でもどんどんCGを駆使したアニメが増えてきています。特に細田守監督の『竜とそばかすの姫』はCGが多く使用されているようなのでとても興味があります。しかし日本ではやはり2Dアニメ(手描き)の方が多く作られています。留学を決めた当時の自分は、CGのリアルさとファンタジーが融合した美しいバランスに惹かれていました。アニメーションを学んだ今となっては、手描きとCGそれぞれの手法にある異なった魅力があるなとしみじみ感じます。

もう一つの理由に、アメリカのスタジオの「コラボレーションする環境」がありました。私は日本のスタジオでの経験はないため一概には言えませんが、上下関係のカジュアルさは、アメリカでの大きな特徴だと思います。物語などの重要事項の決定はスタジオのトップで行われることが多いものの、若手のアーティストでもアイデアを提案したり、疑問点や改善点などを出し合うことができますし、そういった積極性は推奨されるというか、絶対必要です。立場や年齢を気にすることなく自分の意見が取り入れてもらえるかもしれない環境で働いてみたいと思いました。

ピクサーの世界に憧れていた Photo by Getty Images
-AD-

宮崎作品・細田作品の「世界観」

田村さんによると、やはりアメリカでも宮崎作品、細田作品の人気は根強いという。

――アメリカで気づいたのは、日本のアニメファンの多さです。自分の周りにも日本アニメが大好きな人たちが多く、日本アニメは海外の人にも沢山のインスピレーションを与えているんだということを実感しました。その中でも宮崎監督や細田監督の描く独特な世界観は沢山の人を惹きつけています。私も、宮崎駿監督、細田守監督のファンの一人です! 細田監督の最新作、『竜とそばかすの姫』は残念ながらまだアメリカでは見られないのですが、こちらでも冬に公開ということでとても楽しみにしています。

まず宮崎監督の作品にみられる自然かつ特徴的で、魅力のあるアニメーションはいつまでも記憶に残ります。心に残るシーンは沢山ありますが、有名なシーンの一つで言えば、『千と千尋の神隠し』で千尋がおにぎりを食べるシーンの粒の大きい涙や、頬張り方にも息を飲みました。また、ジブリ作品は背景までもがとても生き生きしています。アーティストの方々の、日常の中で世界を観察する力の賜物なのではないかと思います。

さらに、ジブリでもう一つ特徴的なのが見終わった後の余韻だと感じます。例えば、『魔女の宅急便』のラストは本当に考えさせられました。このように、映画を見終わった後も自分なりの解釈を考えてみたり、友達と映画についての話で盛り上がったりと、余韻を楽しむこともできます。『風立ちぬ』は戦時中を舞台に、実在した人物をモデルにしているということで、これまでのジブリ作品とは異なりファンタジーの要素は少ないですが、この作品のラストも人によって解釈の分かれるものだと思います。私はその考える余地を観客に投げかけてくれるところがとても好きです。

『ジブリの教科書18 風立ちぬ』(文春文庫)