福田萌さんは、現在、8歳の女の子と5歳の男の子を育てている。夫はオリエンタルラジオの中田敦彦さん。4月からは新天地シンガポールでの生活がスタートし、連載では日々の様子や子どもたちの学校生活に慣れるまでの様子を綴っていただいています。

今回は、いままで家事のほとんどを負担してきた福田さんが、シンガポールに移住して驚いた現地の家事事情について。そして、変化した「家事」に対する価値観とはー

シンガポール移住を決めるまでの話など、これまでの連載を読む

シンガポールでの住まい

私たちが住んでいるのは、サービスアパートメントと呼ばれる長期滞在用の施設だ。日本にはこういった施設が少ないので、私自身なじみがなかったのだが、シンガポールでは割と一般的らしい。

ホテルともマンションとも違う設備で、月単位や年単位での契約ができる。私の住まいの具体的なサービスは、平日週に3回、掃除とベッドメイキングのハウスキーピングが入り、家具家電は備え付けのもの。毎日朝食がついており、プールやフィットネスジムを利用することができる。

娘の8歳のお誕生日をみんなでお祝いしました。写真提供/福田萌
-AD-

日本からシンガポールに来る前に、こちらの不動産屋さんがオンラインでルームツアーをして大体の雰囲気や間取りなどが把握できたため、ひとまずこちらのサービスアパートメントに住んでみよう、とお試し感覚で住まいを選んだ。

土地勘が掴めるようになったらまた改めてコンドミニアム(日本で言うマンション)を探せばいいし、この予測不能なコロナ禍の怒涛の引越し作業の中で、とにかく家族全員が最低限暮らし始める「どこか」さえ確保できれば、と言う思いで、当時物件選びにこだわりなどなかった。

しかし、予想以上に今住んでいるサービスアパートメントは居心地が良く、3LDKで仕事場所が夫婦それぞれ確保できるなど(夫のYouTubeも夫の寝室で収録している)、生活しやすいと感じているため、しばらくここでの暮らしを継続しようと考えている。