2021.09.02
# 介護 # 住宅

息子に捨てられる…借金して二世帯住宅を建てた男性が迎えた「苦しすぎる老後」

すべてが予想外の出来事
渋澤 和世 プロフィール

「話が違うじゃないか」とは言えず…

こうなると施設にはいるしかないのかーー。そんな思いが頭をよぎった時田さん、しかし一方ではこうも考えました。

さすがにこの事態になれば、息子もなんとか考えてくれるだろうーー。そう期待した時田さんでしたが、これもぬか喜びに終わってしまいます。

「オヤジ、こうなったら、施設に入るしかないな」

息子にそう言われてしまったのです。

元々は、いずれ介護が必要になった時、二世帯住宅にしておけば面倒を見てもらえると思ったのに、完全に予定が狂ってしまいました。

 

「話が違うじゃないか」

喉まで出ましたが、息子夫婦の生活を考えると嫁に会社をやめて自分の面倒を看ろ、とはとても言えません。

静かに「そうだな」というのが精一杯の時田さんでした。

しかし、悪いことは続くもので、自宅介護は諦めたとしても、別の問題が持ち上がったのです。

関連記事

おすすめの記事