2021.08.25
# エンタメ

とんねるず「本格再始動」説が、ここにきて現実味を帯びてきたワケ

一時は「不仲」と言われたが…

「元とんねるずですかね?」

不仲説や解散説がまことしやかに囁かれていた「とんねるず」ですが、本格再始動の狼煙を上げる日は近いかもしれません。

――昨年9月、Yahoo!ニュース 特集編集部による石橋貴明さんへの単独インタビューで、彼の口をついた言葉は実に衝撃的でした。

肩書きを尋ねられると、あくまで冗談でしょうが「元とんねるずですかね?」と答え、コンビでの冠番組終了については、「『みなさん』が終わって、うーん……。ほぼ、とんねるずは死にましたよね」と語っていたのです。

とんねるずの石橋貴明さん[Photo by gettyimages]
 

1980年、帝京高校の同級生だった石橋貴明さんと木梨憲武さんが結成したとんねるず。『オールナイトフジ』(フジテレビ系)や『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)で、一気にスターダムにのし上がっていきました。

ですが、1988年からスタートした『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ系)から数えて、約30年間も続いていた冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系、以下『みなさん』)が2018年3月に終了。コンビとしてのレギュラー番組が消滅したのです。

石橋さんは、『みなさん』終了後に単独の冠番組として開始した『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)、『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)も終了し、個人としても地上波テレビのレギュラーはゼロに。けれど、昨年6月から始めたYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』が、チャンネル登録者数 167万人(2021年8月24日現在)を誇り、テレビからは離れてもネット業界で気を吐いています。

関連記事

おすすめの記事