Photo by gettyimages

インド洋はどのように誕生したのか? 地球上で最も長い“直線地形”の秘密

知れば知るほど面白いインド洋

太平洋や大西洋に比べ、インド洋は一般に馴染みの薄い海かもしれません。一方、それだけに、インド洋には、アラビアンナイトから連想されるようなエキゾチックな魅力があり、なにかふしぎなことがたくさん隠れているのでは?……と、好奇心をくすぐられる方も多いのではないでしょうか?

まさにそのとおり、インド洋は、知れば知るほど面白い海なのです!

本稿では好評発売中の『インド洋 日本の気候を支配する謎の大海』から、知られざるインド洋の魅力をご紹介します。

インド洋の誕生前夜

インド洋の歴史を遡っていくと、地球上にかつて存在した巨大な大陸が、バラバラに分裂して現在にいたる一部始終が見えてきます。ダイナミックな地球の演じてきた、じつに興味深いドラマです。

前編で、中央海嶺という海底の裂け目でつくられた新しい海底(プレート)が、拡大軸の両側に拡がっていくという、プレートテクトニクスの基本概念をお話ししました。大陸がいくつかの陸地に分裂し、移動していくのは、この拡大する海底の上に陸地が乗っているからです。

動く歩道の上に乗っている状態を想像してください。プレートが、動く歩道です。その上に乗った陸地が、プレートと一緒に動いていくわけです。

図1–5は、過去2億5000万年にわたって、当初は一つにまとまっていた世界の陸地が、プレート運動によってどう分裂し、かたちを変えてきたか、おおまかに復元したものです。

いまから2億5000万年前頃(図1–5a)は、古生代二畳紀(別名ペルム紀)という時代で、地球上には「パンゲア」とよばれる一つの巨大な大陸しかありませんでした。陸上には、裸子植物が繁茂し、海から陸への上陸に成功した両生類や、まだ原始的な爬虫類などが生息していた頃のことです。

インド洋はまだ、生まれていません。海といえば、広大なパンサラッサ海(あるいは古太平洋)一つだけです。なお、図1–5aのほぼ中央、西向きにくさびを打ち込んだような形状の海を、特に「テーチス海」と区別してよぶことがあります。中生代三畳紀になると(図1–5b)、地球深部からマグマが上昇し、パンゲアが割れはじめます。あちこちに入った亀裂がしだいに拡がっていきました。亀裂はやがて拡大軸(中央海嶺)となり、大陸が分裂して離ればなれになっていきます。

インド洋の誕生

中生代もジュラ紀(図1–5c)から白亜紀(図1–5d)へと時代が下るにつれて、陸地の形状は現在のものに近づいていきます。その過程で、とりわけ目を奪われるのが、インド大陸(「インド亜大陸」とよぶこともある)の動きです。

パンゲアの一部だった頃(図1–5a)のインド大陸は、現在の南極大陸・アフリカ大陸・オーストラリア大陸と隣接し、現在の位置とはまるでかけ離れた南半球にありました。それが、パンゲアの分裂とともに、じわじわと北上を開始します。同時に、南極大陸・アフリカ大陸・オーストラリア大陸も、互いに別々の方向へと離散していきます。

インド洋誕生の時がきました。じつは、「インド洋」という呼称が、どの時代から地図上に記載されるべきか、明確には決まっていないようなのですが、ここでは、これらの四つの大陸(インド大陸・南極大陸・アフリカ大陸・オーストラリア大陸)によって囲まれた海のことを、インド洋とよぼうと思います。

つまりインド洋は、時代とともに拡がっていきます。図1–5c〜eを順に見ていくと一目瞭然ですね。あたかも露払いのごとく、北へ北へと真っ先に移動していくインド大陸と、その後ろ側で膨張していくインド洋——。高村光太郎の詩「道程」に倣(なら)えば、「僕の前にインド洋はない/僕の後ろにインド洋は出来る」といったところでしょうか?(怒られそうですが)

インド大陸の道程は、過去2億年でほぼ1万キロメートルに達しました。移動速度が特に大きかったのは、図1–5dの中生代白亜紀で、16cm/年に達したと推定されています。

なぜこれほどの“高速”移動が可能であったのか? それは、インド大陸を乗せたプレートの動きが、この時代にとりわけ高速であった、すなわち、プレートを生み出す中央海嶺での火成活動がごく活発だったためと考えられます。

大陸が海を渡っていくなどにわかには信じられない話ですが、インド大陸が南半球からいまある地へとはるばる移動したことは、古地磁気学的な手法によって確かめられています。その手法とは、噴出年代の明らかな古い火山岩に記録されている当時の地球磁場の向きを調べることによって、その火山岩が固結したときの緯度を復元するというものです(詳細は、拙著『太平洋 その深層で起こっていること』(講談社ブルーバックス)の136〜139ページをご参照ください)。

インド大陸で採取された火山岩を時代ごとに分析し、その噴出緯度をたどっていくことによって、図1–5に示したようなインド大陸の北上する軌跡が復元されたというわけです。かつての地球の姿をよみがえらせ、インド洋誕生の経緯を詳細に見せてくれる地球科学的手法の進歩には驚かされるばかりです。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/